/

東邦大、生理活性脂質であるプロスタノイドが膀胱収縮活動を増強するメカニズムを解明

発表日:2021年12月07日

生理活性脂質であるプロスタノイドが膀胱収縮活動を増強するメカニズムを解明

―プロスタノイドTP受容体と複数のCa2+チャネルは過活動膀胱治療の新たなターゲットとなる可能性がある―

東邦大学薬学部薬理学教室の田中芳夫教授らの研究グループは、複数のプロスタノイド(注1)が膀胱平滑筋のプロスタノイドTP受容体(注2)を刺激することで膀胱の収縮活動を強力に増強することを明らかにし、その増強反応に複数のCa2+チャネルの活性化が関与することを見出しました。この研究成果は、雑誌「Life Sciences」に2021年12月15日に掲載されます。なお、オンライン版は2021年11月10日に先行公開されています。

◆ 発表者名

 欧 光瀚(東邦大学大学院薬学研究科 医療薬学専攻 博士課程 2年

 吉岡 健人(東邦大学薬学部薬理学教室 助教)

 小原 圭将(東邦大学薬学部薬理学教室 講師)

 田中 芳夫(東邦大学薬学部薬理学教室 教授)

◆ 発表のポイント

 ● プロスタノイドは過活動膀胱(OAB)(注3)などの膀胱平滑筋の収縮異常の原因となる可能性がこれまで指摘されていましたが、膀胱平滑筋に対する各種プロスタノイドの作用やそれらの作用メカニズムに関する情報は不足していました。

 ● 本研究では、複数のプロスタノイドが膀胱平滑筋のプロスタノイドTP受容体を刺激することを明らかにし、その刺激は複数のCa2+チャネル(電位依存性Ca2+チャネル及びストア作動性Ca2+チャネル)の活性化を介して膀胱の収縮機能を亢進することを見出しました。

 ● 本結果は、プロスタノイドが膀胱平滑筋の収縮異常の誘発因子となる可能性を提示するとともに、TP受容体及びTP受容体の刺激により活性化される複数のCa2+チャネルがOABの治療の新たなターゲットとなる可能性を示唆しています。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/623232/01_202112071514.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン