/

日清食品HD、「栄養改善」と「持続可能な食料システム」の実現へコミットメントを策定

発表日:2021年12月06日

日清食品ホールディングスが「東京栄養サミット 2021」の開催に合わせて"栄養改善"と"持続可能な食料システム"の実現に向けたコミットメントを策定

日清食品ホールディングス株式会社(社長・CEO:安藤 宏基)は、2021年12月7日(火)と8日(水)に開催される「東京栄養サミット 2021」(主催:日本政府)に合わせて、"栄養改善"と"持続可能な食料システム"の実現に向けたコミットメントを策定しました。

※ロゴは添付の関連資料を参照

飢餓や貧困による低栄養が根強い課題である一方、先進国や途上国の区別なく、過栄養や栄養の偏り、気候変動、食品ロスなどが地球規模の課題となっています。栄養状態の改善は、保健分野だけにとどまらず、農業や流通、水・衛生、ジェンダーなど多くの分野と関連しているため、各分野が連携して栄養改善を進める必要があります。

12月に開催される「東京栄養サミット 2021」では、各国政府、国際機関、企業、市民団体などのリーダーが、健康・食・強靱性をテーマに世界の人々の栄養改善について幅広く議論し、今後の行動の方向性について共通認識を深めます。また、世界の栄養改善に向けて実効性のある目標を設定するため、多様な関係者が、自らが実践する内容を誓約(コミットメント)としてまとめて発表し、その達成度合いを世界全体で確認し合う体制を作っていきます。

日清食品グループは、創業者・安藤 百福(あんどう ももふく)から受け継ぐ「美健賢食(びけんけんしょく)」の精神に基づき、空腹を満たし、味覚を満足させるだけではなく、美しい体をつくり健康を維持することも、食品の持つ大切な機能だと考えています。創業当時から食品の機能性を追求し続け、現在はグローバルイノベーション研究センターの「健康科学研究部」において、栄養と健康、生体調節機能をテーマとした最先端の研究開発に取り組んでいます。

今回、弊社は「東京栄養サミット 2021」の開催に合わせて、"栄養改善"と"持続可能な食料システム"の実現に向けたコミットメントを策定しました。今後も、栄養と健康に関する取り組みをさらに加速させていくとともに、人類を「食」の楽しみや喜びで満たすことを通じて社会や地球に貢献する「EARTH FOOD CREATOR」として、持続可能な社会の実現に努めていきます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach/623150/01_202112061703.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/623150/02_202112061703.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン