/

滋賀県立琵琶湖博物館と東京大学史料編纂所、連携により「東寺文書」の史料画像をWeb公開

発表日:2021年12月08日

滋賀県立琵琶湖博物館・東京大学史料編纂所の連携による史料画像のWeb公開

1. 報告者:

高橋 啓一(滋賀県立琵琶湖博物館 館長)

橋本 道範(滋賀県立琵琶湖博物館 専門学芸員)

島本 多敬(滋賀県立琵琶湖博物館 学芸員)

本郷 恵子(東京大学史料編纂所 所長)

山田 太造(東京大学史料編纂所 准教授)

木下 竜馬(東京大学史料編纂所 助教)

2. 発表のポイント

◆滋賀県立琵琶湖博物館所蔵の「東寺文書」(107通、重要文化財)を、東京大学史料編纂所のデジタルアーカイブズを通して広くWeb公開することとなった。

 ・公開URL: https://wwwap.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/

◆本文書は「東寺百合文書」(国宝、ユネスコ「世界の記憶」)と元来一体のものであり、中世の政治・社会や過去の気候変動をさぐる上で重要である。精細なデジタルカラー画像が公開されるのは今回が初。

◆歴史学以外の専門家や市民が容易に史料画像にアクセスできるようになったことで、文理融合的な研究や教育の場などでの積極的な活用が期待できる。

3. 発表概要

滋賀県立琵琶湖博物館(注1)は、かつて京都の東寺に所在していた古文書を所蔵しており、重要文化財の指定を受けている。この度、この文書のデジタル画像、および目録や本文等の情報を、史料編纂所のデジタルアーカイブズを通して、広くWeb公開することとなった。「日本古文書ユニオンカタログ」(注2)と「Hi-CAT Plus」(注3)というふたつのデジタルアーカイブズから、いつでも、だれでも検索・閲覧することができるようになる。紙媒体の史料集では難しかった文書の公開が一挙に進展することで、中世の政治・社会や過去の気候変動などについての研究の深化に寄与することが見込まれる。また、歴史学以外の専門家や市民が容易に史料画像にアクセスできるようになることから、文理融合的な研究や教育の場などでの積極的な活用が期待できる。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/623105/01_202112061421.pdf

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン