/

ビズリーチ、ヘッドハンターを対象に実施した中途採用・転職活動に関するアンケート調査の結果を発表

発表日:2021年12月01日

<ヘッドハンターに転職市場についてアンケート>

9割以上が2022年の中途採用「活性化」と予測

コロナ禍で「勤務地不問」の求人が急増。今後ビジネスパーソンの働き方の選択肢が広がる

Visionalグループの株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:多田洋祐 以下、当社)が運営する、即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」は、ビズリーチに登録するヘッドハンター(*)を対象に、中途採用・転職活動に関するアンケート調査を実施しました(有効回答数:296)。その結果、9割以上が「2022年(1月から3月末まで)の中途採用市場は活性化する」と回答しました。

*ビズリーチには、当社独自の厳格な基準をクリアした、5,100人以上(2021年7月末時点)のヘッドハンターが登録しています。

※グラフ資料は添付の関連資料を参照

■2021年の求職者の傾向は、「在宅勤務」など柔軟な働き方の希望が増加。ビズリーチにおける勤務地不問の求人はコロナ禍前の約13倍に増加し、働き方の選択肢が広がる

2021年に求職者から寄せられた相談としては、「会社の将来に不安がある」(67.8%)が最も多く、次いで「より専門性の高い仕事をしたい」(39.9%)、「より裁量権のある仕事がしたい」(36.2%)が挙げられました。また、転職や求職者の傾向に関する質問では、7割以上が「在宅勤務を希望する求職者が増えた」と回答しており、コロナ禍の状況下でリモートワークが広がったことにより、柔軟な働き方へのニーズが高まっていることがうかがえます。

ビズリーチにおける求人においても、「勤務地を問わない求人」が増加傾向にあります。20年2月末から21年6月末までの間で13.2倍になるなど、即戦力人材を求める動きが全国で加速しているといえます。福岡県の企業が埼玉県在住の即戦力人材を採用したり、山形県の企業が神奈川県在住の即戦力人材を採用したりするなど、転居不要の転職事例が増えてきており、今後ビジネスパーソンのキャリアの選択肢はますます多様化していくと予想されます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

https://release.nikkei.co.jp/attach/622788/01_202112011121.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/622788/02_202112011121.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン