/

椿本チエイン子会社、流通サービスと共創開発拠点「KISAI BASE」を開設

産業:

発表日:2021年11月19日

椿本マシナリー、流通サービスと共創開発拠点「KISAI BASE」を開設

株式会社椿本マシナリー(社長:藤井 幸博 本社:大阪市西区、椿本チエインの100%子会社)は、株式会社流通サービス(社長:神田隆、本社:埼玉県草加市、以下、流通サービス)と共同で、新たなアイデアや新商品開発の共創プラットフォームとなるラボ施設「KISAI BASE」を開設しました。

椿本マシナリーでは、物流の総合的なソリューションを提供するエンジニアリング部門を新設、高能力のロボット自動化システムT-Carry system(特許出願中 ※)等を提供しています。現在の物流業界は、多くのマテハン機器メーカーや新規メーカーなどが参入し、新製品、新技術が乱立。その中でお客様に最適なシステムを提案するには、様々な知見と実証実験やシミュレーションが必要です。

この「KISAI BASE」では、MR(複合現実)技術の活用によって、メーカーにとらわれない国内外の多種多様なマテハン機器、システムの提案が可能です。さらに、倉庫運用管理システムWES(Warehouse Execution System)、各メーカー機器を組み合わせたシミュレーションにより、お客様にとって最適なソリューションを提供いたします。また、様々な企業とのコラボレーションを実現する、アイデア創出や商品開発推進の共創プラットフォームとしての機能も有しています。今後、椿本マシナリーでは、この「KISAI BASE」を物流エンジニアリング事業の戦略的開発拠点と位置付け、積極的な情報発信を続けていきます。

※株式会社椿本チエイン、株式会社流通サービス、プラスオートメーション株式会社の3社により、ロボットを活用し、ラインピッキング工程・検品工程を一気通貫でつなぐ技術で共同特許出願中。

*参考画像は添付の関連資料を参照

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/622120/01_202111191435.PNG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/622120/02_202111191435.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン