/

アストロデザイン・NTTドコモ・三信電気など、モバイルネットワークを利用した可搬型8Kライブ伝送システムの実証実験に成功

発表日:2021年11月17日

モバイルネットワークを利用した可搬型8Kライブ伝送システムの実証実験に成功

~屋外や固定回線敷設が難しいエリアからでも8K中継が可能に~

株式会社NHKテクノロジーズ(以下、NHKテクノロジーズ)、アストロデザイン株式会社(以下、アストロデザイン)、LiveU Japan株式会社(以下、LiveU)、三信電気株式会社(以下、三信電気)、株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)の5社は、2020年4月より調査・実験を進めていた モバイル型映像中継ソリューション「LiveU」 を利用した8Kライブ伝送システム(以下、本システム)の実証実験に成功しました。

本システムにより8Kライブ映像伝送が低価格で実現できる事となり、生中継・エンターテイメント・医療・監視など、さまざまな分野で8K高精細映像のより一層の活用が見込まれます。また、可搬型の特性を活かして、車両等で移動しながら8Kライブ伝送を実現でき、マラソン等のスポーツシーンでの活用も見込まれます。

8Kライブ伝送システムは、本システム専用8Kカメラ『AA-4814-B』、4Kライブ伝送システム『LU800』(フィールドユニット)とモバイルネットワーク及び『LU4000』(デコーダーユニット)、『映像補正装置』で構成されており、アストロデザインが新たに開発した『映像補正装置』は、各LiveUユニット間に発生する受信タイミングの違いをリアルタイムに補正することができます。

また、4G、5Gの無線伝搬による瞬断を判断し自動的に補完することで、移動中継においても途切れず安定した8K映像を伝送することが可能となります。

本システムを通じて、これまで固定回線の敷設が必要だった8Kの映像中継において、「LiveU」の可搬性、5Gの高速大容量通信を活かして、屋外や固定回線敷設が難しいエリアからでも8Kの映像中継を行うことができるようになります。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/621841/01_202111171110.pdf

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン