/

矢野経済研究所、国内のホームファッション市場調査の結果を発表

発表日:2021年11月15日

ホームファッション小売市場に関する調査を実施(2021年)

2021年のホームファッション小売市場規模は前年比100.3%の3兆3,570億円と増加予測

~巣ごもり消費が引き続き市場をけん引、オンライン相談・接客によりEC販売につなげるなどコロナ禍のデメリットを克服~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のホームファッション市場を調査し、現況、製品セグメント別の動向、将来展望を明らかにした。

※グラフ資料は添付の関連資料を参照

1.市場概況

2020年の国内ホームファッション小売市場規模は、前年比100.3%の3兆3,475億円と推計した。

コロナ禍によるテレワーク・在宅勤務の増加により、仕事を快適にするためのデスクやチェア、ソファなどの「ホームファニチュア」が市場をけん引した。その他「キッチン・テーブルウェア」のうちのキッチンツールは、外出自粛により料理をする機会が増えたことで好調な売れ行きを示した。ホームファッション市場全体では微増で推移したが、コロナ禍の巣ごもり消費によって一部の特定商品が好調となった一方で、多くのアイテムは店頭における営業機会の減少などにより厳しい市況となった。

販売チャネル別にみると、営業機会が大幅に減少した百貨店が苦戦し、それを補完するかたちとなったECチャネルが好調となった。実店舗が販売の中心だったホームファッション大手小売チェーンなども、着々と準備を進めてきたオムニチャネルおよびデジタル対応がこのコロナ禍で大きく進捗した。EC専業企業も若い世代の顧客を獲得するなど、コロナ禍という特例的な市場環境がホームファッション市場に大きな変化をもたらした。

2.注目トピック

~寝具は、自宅でお試しや定額レンタルコースを提供、お試し体験後に購入へ~

寝具はマットレスなどの高機能化により、商品単価の上昇が顕著となっている。そのため手頃な価格の「お試しコース」や、負担が少ない月払いの「定額レンタルコース」などのサービスを提供することで、消費者の購買の障壁を取り除く取り組みが進められている。

実際に商品を試した後は、違う商品への切り替えや継続利用、買取、返却など、さまざまな選択が可能となっており、高価格帯でも気軽に商品を体験できるサービスが広がっている。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

https://release.nikkei.co.jp/attach/621693/01_202111151542.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/621693/02_202111151542.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン