/

JMDC、3,500店舗を超える薬局データを提供開始

発表日:2021年11月01日

JMDC、3,500店舗を超える薬局データ提供開始のお知らせ

株式会社JMDC(本社:東京都港区、代表取締役社長兼 CEO:松島陽介、以下「JMDC」)は、3,500店舗を超える薬局データの提供を開始します。

※参考画像は添付の関連資料を参照

JMDCの提供する薬局データは、既存の薬局由来のデータと比較して規模・速報性・全国代表性の観点で優れたデータベースであり、処方実態を素早く、的確に把握する上で有用です。

1.規模:3,500店舗

●当初より3,500店舗のデータの活用が可能であり、既に全国に存在する薬局約6万店舗の5%を占める国内最大級の薬局由来のデータベースです

●また、今後継続的に規模を拡大する予定であり、更に有用なサービスへと進化していく見込みです

2.速報性:最速3営業日

●タイムリーに最新の薬局データを取得する仕組みによって、最速で処方から3営業日後にデータの提供が可能です

3.全国代表性:バランスのよい薬局ポートフォリオ

●JMDCの提供する薬局データは、全国の地域分布、薬局の規模、特定チェーン薬局かどうかなどの偏りが少ないデータベースです

JMDCではこれまで、健康保険組合由来のデータや医療機関由来のデータ、電子カルテ(臨床検査値)データなど、さまざまなデータを提供してまいりましたが、今回薬局データの提供を開始することで、国内で利用可能なリアルワールドデータのほぼ全ての提供が可能になります。

リアルワールドデータはそれぞれに異なる特性があり、目的によって適切なデータベースを選定する必要があります。今回の薬局データの提供開始により、JMDCでは企業やアカデミアのニーズに応じて、更に幅広く、適切なデータベース選定のご提案から、分析、示唆出しやアクションの検討、論文化までご支援することが可能になります。

【株式会社JMDCについて】

医療ビッグデータ業界のパイオニアとして2002年に設立。独自の匿名化処理技術とデータ分析集計技術を有しています。6億5,000万件以上のレセプトデータと2,800万件以上の健診データ(2021年3月時点)の分析に基づく保険者向け保健事業支援、医薬品の安全性評価や医療経済分析などの情報サービスを展開しています。また、健康度の単一指標(健康年齢)や健康増進を目的としたWebサービス(Pep Up)など、医療データと解析力で健康社会の実現に取り組んでいます。

URL: https://www.jmdc.co.jp/

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/620722/01_202111011032.png

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン