/

TPCマーケティングリサーチ、中国の健康食品市場についての調査結果を発表

発表日:2021年10月22日

中国の健康食品市場について調査結果を発表

この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、中国の健康食品市場について調査を実施し、その結果を発表した。

【調査結果】

中国の健康食品市場は前年度比 10.4%減のマイナス推移となった。

コロナ禍に伴う市場停滞で、上半期の売上が大きく減少している。

※グラフ資料は添付の関連資料を参照

・2020年度の中国における健康食品市場は前年度比 10.4%減の1,783億元となった。このうち、中国当局が効能を認可している保健食品の売上は全体の32.2%を占める573.5億元、認可のない普通健康食品は1,209.5億元となっている。

・同年度は、コロナ禍の影響によって都市部のロックダウンや生産工場の停止、小売店の営業停止など、物流・生産・販売の各段階で減収に繋がる要因が発生。これによって上半期の売上が伸び悩み、前年度を下回る結果となった。

・また、2019年度にECに関連する法案が改正された影響を受け、越境ECも取引量が減少している。

同チャネルでは小規模な取引が難しくなり、年度前半に売上が失速。年度後半からはインバウンドニーズを補填する形で中小企業の出店が加速したものの、通年では微減推移となっている。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

https://release.nikkei.co.jp/attach/620198/01_202110221733.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/620198/02_202110221733.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン