/

さくらインターネット、衛星データプラットフォーム「Tellus」で衛星データ加工ツールを無料提供

発表日:2021年10月21日

さくらインターネット、衛星データプラットフォーム「Tellus」において超解像技術を活用した衛星データ加工ツール「Tellus-Clairvoyant」を無料提供開始

~深層学習モデルによる超解像処理で疑似的に衛星データの解像度を向上~

クラウドコンピューティングサービスを提供するさくらインターネット株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:田中 邦裕)は、衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」の公式ツールとして、超解像技術を活用した衛星データ加工ツール「Tellus-Clairvoyant」(「テルース-クレボヤント」、以下本ツール)を、2021年10月21日より無料で提供開始します。

本ツールは、シャープ株式会社(本社:大阪府堺市、代表取締役社長 野村 勝明)との協力の下、同社の超解像技術を活用し、さくらインターネットが開発したものです。深層学習モデルによる超解像処理を行い、AVNIR-2とPALSAR-2の衛星データの解像度を2倍または4倍に疑似的にあげることができます。

※イメージ画像は添付の関連資料を参照

「Tellus」は、さくらインターネットが経済産業省事業として開発・運用する、クラウド上で衛星データの分析ができる日本発の衛星データプラットフォームです。「宇宙アセットを民主化する」というビジョンを掲げ、衛星データを利用した新たなビジネスマーケットの創出を目指しています。このたび、各種データやアプリケーション、アルゴリズムなどのツールを利用および売買できる機能「マーケット」において、本ツールを無料提供します。

超解像とは、元々の画像の解像度を疑似的に上げる技術のことです。解像度が上がることで視認性が向上するため、映像処理の分野でよく利用されています。宇宙業界においては、昨今政府衛星データの公開が進んでいますが、無料で公開されている政府衛星データは解像度が10m程度に留まります。そこでさくらインターネットでは衛星データの視認性向上のため、シャープの協力のもと、衛星データに対して超解像を行う技術を研究開発し、このたびのツール提供に至りました。

さくらインターネットは今後も随時Tellusのアップデートを行い、より魅力的なプラットフォームにすべく尽力いたします。そして、Tellusを通じて衛星データと地上データの産業利用を促進することにより、衛星データによる新たな価値創造による日本の経済力強化およびDXの推進へ貢献してまいります。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

イメージ画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/620041/01_202110211336.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/620041/02_202110211336.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン