/

茨城県とNTTドコモ、県内産業活性化に向け5G活用に関する共同研究を開始

発表日:2021年10月19日

茨城県とドコモが県内産業活性化に向け、5G活用に関する共同研究を開始

~5G実証実験拠点を開設、県内企業のDXを推進~

茨城県産業技術イノベーションセンター(以下、イノベーションセンター)と株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)は、2021年10月19日(火)に、5G技術を活用した産業創出や企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めるため、共同研究契約(以下、本契約)を締結しました。

本契約に基づき、本日から、イノベーションセンター内に、5G実証実験拠点の「5G イノベーションラボ」を開設し、コワーキングスペースとして5Gが利用できる環境を県内企業へ無償開放します。「5G イノベーションラボ」内では、「5G 活用セミナー」、スマートグラスやロボットなどの「ソリューション体験会」を開催するほか、「最新5G ソリューション」を常設展示します。5G技術の最新情報の発信、活用検討の機会を提供することにより、企業のDX推進を支援します。

また、5G活用に向けて、さまざまな産業に属する県内企業で構成する「5G 活用検討ワーキンググループ」を新たに設立し、5Gを活用した新たなビジネスの創出や業務効率化に向けた施策の具現化を推進します。加えて、5G技術への関心の高い企業や5Gソリューションの導入を検討している企業向けに「5G 個社別相談会」を開催し、企業ごとのニーズへの支援も行います。

さらに、イノベーションセンターが推進するIT・AI・ロボット分野などの多岐にわたる先導的研究活動に5G技術を取り入れます。企業との共同研究の提案など支援活動の充実を図ることにより、5Gの社会実装による県内の産業活性化をめざします。

※イメージ画像は添付の関連資料を参照

茨城県とドコモは、この取り組みを通じて「県内産業の活性化」につながる企業のチャレンジを支援してまいります。

※別紙は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

イメージ画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/619890/01_202110191713.jpg

別紙

https://release.nikkei.co.jp/attach/619890/02_202110191713.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン