/

ジョリーグッド、愛媛大と感染症患者への処置を体験学習できる感染症診療教育VRを共同開発

発表日:2021年10月06日

国立大学初!実際の新型コロナ患者への処置をVR教材化!ジョリーグッドと愛媛大学、感染症診療教育VRを共同開発

~ 医学部生の実習授業にて活用へ ~

※ロゴは添付の関連資料を参照

株式会社ジョリーグッド(東京都中央区、代表取締役:上路健介、以下 ジョリーグッド)と愛媛大学(愛媛県松山市道後、学長:仁科弘重、大学院医学系研究科教授:竹中克斗)は、実際の「感染症診療病棟」を舞台に、COVID-19含め実際の感染症患者への処置を教材としたリアルな感染症診療や防護服の着脱などをVRで体験学習できる感染症診療教育VRを共同開発します。

この取り組みは、文部科学省の令和2年度第三次補正予算事業「感染症医療人材養成事業」にて愛媛大学が採択された事業の一環として、医学科と看護学科が共同で実施する教育プロジェクトです。

医師や看護師、そして医学科生、看護学科生ら向けに実際の感染症診療病棟での実習ができるVR教材の開発は、国立大学としては日本初の取り組みとなります。

【参考】文部科学省採択結果: https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/iryou/1386945_00002.htm

現在もCOVID-19の感染拡大が収まらない中、今後医療現場では感染症に強い人材を育成することが急務であり、さらに将来発生し得るCOVID-19以外の感染症に対しても、迅速に対処できるようにならなければいけません。そのため、愛媛大学では2022年明け早々に、医学科生や看護学科生らを対象とした実習授業に共同開発した感染症診療教育VRを活用し、次世代の医療現場を担う人材育成を行なっていく予定です。

※参考画像は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

ロゴ

https://release.nikkei.co.jp/attach/618985/01_202110061118.jpg

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/618985/02_202110061118.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/618985/03_202110061118.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン