/

東北大と愛知製鋼、「組織的連携協定」の締結及び「共創研究所」の設置を発表

発表日:2021年10月01日

東北大学と愛知製鋼による「組織的連携協定」の締結及び「共創研究所」の設置について

- カーボンニュートラル実現に向けて「素材・プロセス共創研究所」を起点に次世代電動アクスル時代を見据えた研究開発を始動 -

1.発表のポイント

国立大学法人東北大学(所在地:宮城県仙台市、総長:大野 英男、以下「東北大学」)と愛知製鋼株式会社(本社:愛知県東海市、代表取締役社長:藤岡 高広、以下「愛知製鋼」)は、両組織による共同研究や新たな企画立案などの産学連携活動の質を高め、「組織」対「組織」の強固で幅広な連携へと展開することを目的とした「組織的連携協定」(以下 本協定)を締結しました。

また、本協定の枠組みの一環として、カーボンニュートラルの実現に向けた研究開発を加速するため、次世代モビリティ時代を見据えた「愛知製鋼×東北大学 次世代電動アクスル用素材・プロセス共創研究所」を併せて設置し、2021年10月1日から2024年9月30日までの3年間の計画で活動を開始しました。この共創研究所は、東北大学で2021年4月に創設された「共創研究所」制度の第一号となります。

2.発表内容

東北大学は、カーボンニュートラル達成に向けた産学連携によるグリーンイノベーションへの取組を推進しています。一方、愛知製鋼は、「2030年ビジョン」及び中期経営に掲げる持続可能な地球環境への貢献を視野に、カーボンニュートラルに向けた種々の技術開発への挑戦を続けています。これまで、東北大学と愛知製鋼は様々な共同研究を実施し、素材開発における優れた成果を上げてきました。

今回、東北大学と愛知製鋼は本協定を締結することで、両組織による持続的・組織的な連携協力を強力に推進していきます。そして、両組織の共創活動の連携をさらに深め、共同プロジェクト・体制による研究開発(カーボンニュートラルに資する次世代電動アクスル開発を見据えた研究開発活動)を推進するために、東北大学内に素材・プロセス研究を中心とした「共創研究所」を設置することで、生み出された新たな技術の社会実装に向けて取り組んでいきます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/618742/01_202110011026.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン