/

ネットワンシステムズ、デジタルとリアルを融合したハイブリッドワークを実現する取り組みを開始

発表日:2021年09月30日

ネットワンシステムズ

デジタルとリアルを融合したハイブリッドワークを実現する取り組みを開始

~出社を前提としない人事制度・オフィス構想とそれを支えるICT環境の実現~

ネットワンシステムズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:竹下 隆史)は、オフィス出社を前提としない人事制度改革とオフィス構想の実現、モニタリングによるリモートワーク環境の最適化により、デジタルとリアルの双方の働き方を融合したハイブリッドワークの実現に向けた取り組みを開始します。

ネットワンシステムズは、経営戦略として「ICTを利活用した働き方改革」を推進しており、いつでも・どこでも・誰とでも・どんな端末でも安心・安全に業務が進められる環境を整備し、社員の生産性向上とワークライフバランスの両立を図ってまいりました。それにより、新型コロナウイルス感染症拡大によるリモートワークへの移行もスムーズに行うことができ、テレワーク主体の働き方を実現しております。

ネットワンシステムズでは、リモートワークを基本的な働き方としながらも、実際に会ってコミュニケーションすることの重要さも認識し、デジタルとリアルを融合したハイブリッド型の働き方へと改革を進めてまいります。

■ ハイブリッドワーク実現に向けた取組み

ハイブリッドワークを実現するために、人事制度、オフィス構想、ICT環境を組み合わせた以下の取組みを実施しています。

1.テレワーク中心の就業規則へ改訂

2020年10月より就業規則を改訂し、全社員を原則「テレワーク主体」の勤務形態に変更しました。このため、オフィス出社の際に、事前に申告するというプロセスへ転換しています。また、テレワークにより時間を有効活用できることで、時短勤務からフルタイムへ勤務形態を変更する社員が増加しています。

さらに、時間や場所にとらわれない働き方を推進するため、「勤務地変更制度」を2021年4月に制定しました。それにより、所属部門の拠点から離れた場所に居住し、勤務地を最寄り事業所へ変更することができ、働く場所の選択が可能となりました。

2.出社を前提としないオフィスのあり方

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/618704/01_202109301438.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン