/

ソディック、長時間高速安定造形に対応した金属3Dプリンタ「LPM325S」を開発し受注を開始

産業:

発表日:2021年09月16日

新製品 粉末交換作業やメンテナンスなど"非稼働"時間を大幅に削減

生産性の鍵となる"稼働率"アップに貢献する 長時間高速安定造形対応"金属3Dプリンタ"

「LPM325S」の開発および受注開始のお知らせ

この度弊社では、多様化する金属3Dプリンタの要求に対応するため、長時間高速安定造形に対応した新製品"金属3Dプリンタ"「LPM325S」を開発し、2021年10月より受注を開始いたします。

LPM325Sは、金属粉末の溶融凝固による3D造形と、造形物への基準面加工を1台の機械で行う金属3Dプリンタで、「粉末交換作業やメンテナンスなどによる"非稼働"時間を大幅に削減し、現場の生産性の鍵となる"稼働率"アップに貢献する」ことをコンセプトに開発いたしました。

【新製品のポイント】

1)1台のマシンで、複数の多彩な金属粉末による造形が可能

材料交換はお客様自身が粉末毎のMRS(※)を付け替えるだけの簡単作業で2時間以内に完了。複数の粉末による運用も1台の設備で対応可能。

 ※MRS(Material Recycle System:粉末自動供給、粉末自動回収、粉末自動ふるいを行うユニット)

2)定期メンテナンス頻度の大幅削減

金属蒸気の集積物(ヒューム)回収能力を大幅に向上・最適化。集積物自体を溜まりにくくすることで、メンテナンスの頻度を約1/2(弊社従来機比)と大幅に削減。

3)モニタリングによる予知保全 *オプション

造形異常の原因となる各要因を常時モニタリング、造形不良を未然に防止。各データの解析により保守点検時期を予測し、突発的な機械トラブルも回避。

4)デュアルレーザによる高速造形 *オプション

さらなる造形速度向上のためのオプションとしてデュアルレーザを開発。従来比2倍以上(弊社従来機比)の造形速度を達成し、かつ同等の品質と安定造形が可能。

【新製品の開発背景】

金属3Dプリンタ造形品市場は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)のレポートによると2030年には2兆円規模の拡大が予測されるなど、今後の製造業において極めて大きな位置づけを担う分野として注目されています。一方で、比較的新しい加工方法である金属3Dプリンタは従来の工作機械に比べ、「運用自体が難しい」、「構造が繊細で複雑なためトラブル発生要因があり、頻繁なメンテナンスが必要」といった課題もあります。これらに起因する"非稼働"時間が、現場の生産性や機械の償却費、ひいては製造原価に大きく影響します。

◇以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/618016/01_202109161031.pdf

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン