/

東邦大、モンゴルの薬用植物から新種の放線菌を発見

発表日:2021年08月06日

モンゴルの薬用植物から新種の放線菌を発見

東邦大学薬学部微生物学教室の安齊洋次郎教授らの研究グループは、モンゴル国立大学、独立行政法人製品評価技術基盤機構バイオテクノロジーセンターとの共同研究で、新種の希少放線菌Actinocatenispora comari(アクチノカテニスポラ コマリ)NUM-2625T(図1)を発見しました。モンゴル自生の薬用植物Comarum salesowianum(コマルム サレソウィアヌム 図2)から分離された本菌株は、Actinocatenispora属としては初めての植物からの分離となります。抗生物質などの医薬品の生産菌である放線菌の新種の発見は新たな創薬資源として期待されます。この成果は、2021年7月9日に雑誌「International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology」にて公開されました。

◆ 発表者名

安齊 洋次郎(東邦大学薬学部微生物学教室 教授)

加藤 文男(東邦大学名誉教授)

福本 敦(東邦大学薬学部微生物学教室 講師)

飯坂 洋平(東邦大学薬学部微生物学教室 助教)

Javzan Batkhuu(モンゴル国立大学)

Bekh-Ochir Davaapurev(モンゴル国立大学)

Natsagdorj Oyunbileg(モンゴル国立大学)

田村 朋彦(独立行政法人製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジーセンター)

浜田 盛之(独立行政法人製品評価技術基盤機構 バイオテクノロジーセンター)

Baljinova Tsetseg(モンゴル科学アカデミー)

◆ 発表のポイント

 ● モンゴル自生の薬用植物Comarum salesowianumから希少放線菌の新種

 Actinocatenispora comari NUM-2625Tを発見しました。

 ● Actinocatenispora comari NUM-2625TはActinocatenispora属としては初めて植物から分離された放線菌です。

 ● 新種発見の報告が少ないモンゴルからの新種の放線菌の発見は生物多様性に関する研究や新たな有用物質の探索研究に繋がることが期待されます。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/615907/01_202108061217.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン