/

佐川グローバルロジスティクス、東松山SRCに次世代型ロボットソーター「t-Sort」とRFIDシステムを導入

発表日:2021年08月04日

仕分け業務のDXにより、東松山SRCの大幅な生産性向上を実現

~次世代型ロボットソーター「t-Sort」やRFIDシステムを導入~

SGホールディングスグループでロジスティクス事業を展開する佐川グローバルロジスティクス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:山本将典、以下「佐川グローバルロジスティクス」)は、東松山SRC(埼玉県東松山市)の生産性向上を目的に次世代型ロボットソーター「t-Sort」とRFIDシステムを導入しました。

※参考画像は添付の関連資料を参照

東松山SRCでは、現場の特性上、繁閑差が大きく大掛かりなソーターを導入してもコストがかかる割にはかえって非効率となることから、人による仕分け作業をメインで行っていました。「t-Sort」は、繁閑に応じて使用するロボット台数を変更することで処理能力の調整やコストの流動化、また従来型のソーターと比べ導入までのリードタイム短縮や省スペース化が可能なため、東松山SRCのオペレーションに最適と判断し35台を導入。これにより、ヒューマンエラーによる誤発送撲滅と、作業にかかる人員を27%削減。同作業に従事していた人員を作業負荷が大きい出荷作業に振り替えることで全体の作業時間が短縮され、東松山SRC全従業員の労働時間短縮につながりました。

また、この現場においては、従来ハンディターミナルを使用して出荷作業を行っておりました。しかし、ハンディターミナルを使用する場合、複雑な操作が必要になることから、今回、「t-Sort」導入に合わせて商品のスキャニング方法にRFIDシステムを組み合わせ、入力作業の簡略化を図ることで、新規就労者の早期戦力化とハンディターミナルの操作習得に必要な教育時間の約7割削減につながりました。

「t-Sort」とRFIDシステムの導入により、1時間あたりの人による仕分け作業と比較した場合、出荷作業は1.32倍、出荷よりも煩雑な返品作業については、4.43倍の生産性向上となりました。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/615814/01_202108041532.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/615814/02_202108041532.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン