/

武蔵野銀行、平成国際大との産学連携による地域活性化の取組みとして「夜空に輝く鯉のぼり」プロジェクトを実施

発表日:2021年07月20日

平成国際大学との地域活性化に向けた

加須市「夜空に輝く鯉のぼり」プロジェクトの実施について

武蔵野銀行(頭取 長堀 和正)は、平成国際大学(加須市、学長 柏木 俊彦)との産学連携による地域活性化の取組みとして、「夜空に輝く鯉のぼり」プロジェクトを実施いたしますので、お知らせします。

当行と平成国際大学は、2019年6月に産学連携・協力に関する協定を締結し、同大学のキャンパス所在地である加須市の経済・社会活性化に向けた事業創出を目指し、同市および地域に根差した企業・団体の皆さまとともに具体化に向け協議を重ねてまいりました。

「夜空に輝く鯉のぼり」プロジェクトは、こうした取組みの第1弾として、加須市の代表的名産として全国にも知られる「鯉のぼり」について、同大学の学生のアイデアに基づき、昼間だけでなく夜間も、訪れる方々の目を楽しませることを企図したものです。

今般、プロジェクトの開始にあたり、2021年7月22日(木)より、加須市の主要スポット3か所(加須市役所、加須市商工会、当行加須支店)にライトアップした「鯉のぼり」を展示いたします。

当行と平成国際大学は、今般の展示の反響等を踏まえながら、同市の地域資源の更なる活用や新たな魅力発信に向け取組んでまいります。

≪「夜空に輝く鯉のぼり」プロジェクトの概要≫

※添付の関連資料を参照

以上

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

≪「夜空に輝く鯉のぼり」プロジェクトの概要≫

https://release.nikkei.co.jp/attach/615048/01_202107201738.JPG

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン