/

電通、NFT事業の構築支援サービスを開始

発表日:2021年07月09日

電通、スタートバーンおよび電通イノベーションイニシアティブと協働でNFT事業の構築支援サービスを開始

~ブロックチェーン活用によりコンテンツホルダーとファンとの新たな関係構築のために~

株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長:五十嵐 博、以下:電通)は、電通ジャパンネットワーク傘下でR&Dを推進する組織「電通イノベーションイニシアティブ」とアート作品のブロックチェーン流通基盤構築および証明書発行事業を手掛けるスタートバーン株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:施井 泰平、以下:スタートバーン)と協働で、アニメやエンターテインメント、スポーツ領域などのコンテンツホルダーを対象に、NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)事業の構築支援サービスを開発、本日より電通およびスタートバーンが提供を開始します。スタートバーンのブロックチェーン/NFTの技術と電通が長年培ってきたマーケティングの知見をかけあわせ、コンテンツホルダーやクリエイターとファンの新しい関係性、コミュニティーの構築を支援します。

コピーが簡単なデジタルの分野にあって、NFTはブロックチェーン技術を活用して改ざんを防止し、コンテンツの所有者であることを証明でき、2次的、3次的な取引ごとに著作権者(制作者/アーティスト)に収益を還元できる仕組みが作れることから注目を集め、関連市場の拡大が見込まれています。しかし、各社のマーケットプレイス同士に互換性がなく、それらをまたいで当初の情報や設定ルールなどが継承されないなどの課題があります。この課題を解決し、さらにNFTを活用してよりよいコンテンツ体験を提供するため、スタートバーンとの協業による当サービスの提供に至りました。

ファン心理やマーケティングに知見を持つ電通と、複数のマーケットプレイスを横断したアート作品の価値継承を支えるブロックチェーン基盤を提供するスタートバーンがタッグを組むことで、コンテンツホルダーとファンとの関係性がより良くなるようなユーザー体験の設計、NFT発行・販売の戦略策定、UI/UXデザイン、NFTの発行・販売に必要なシステムおよびインターフェイスの企画開発まで、NFT事業の構築に必要なサービスを一気通貫で提供します。また、コンテンツホルダーの持つコンテンツの特長や方針に合わせたNFT事業構築を支援します。

電通およびスタートバーンは、ブロックチェーンの技術を活用することで、コンテンツの価値を守りながら、新しいファン体験や、コンテンツホルダーやクリエイターとファンとの新しい関係構築の支援を目指します。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/614282/01_202107091130.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン