/

ジョリーグッド、医療VR教材と医療機器ECMOをセット販売開始

発表日:2021年06月24日

医療VR教材と医療機器ECMOをセット販売開始!

~ECMOメーカー「泉工医科工業」の販売ネットワークで海外にも展開~

株式会社ジョリーグッド(東京都中央区、代表取締役:上路健介、以下 ジョリーグッド)は、コロナ医療の最後の砦である人工肺ECMOの開発メーカー、泉工医科工業株式会社(東京都文京区、代表取締役社長:青木正人、以下 泉工医科工業)と共同で、人工肺ECMO機器とその施術手法を術者目線の高精度360度VRで体験学習できる「MERA ECMOトレーニングVR」のセット販売を開始いたします。

本サ―ビスは、ECMOを扱うのに多数の症例経験が必要な医師をはじめ、臨床工学技士や看護師など多職種のチーム連携をトレーニングし、急速に普及するECMOの稼働率を上げることで、一人でも多くの重症患者を救える世の中になることを目的としています。本サービスの医療監修は、ECMOのスペシャリストが集まる組織であるNPO法人 日本ECMOnet理事の小倉崇以医師をはじめ計5名の医師の協力のもと開発しています。

本サービスは、泉工医科工業の有する全国700店以上の販売ネットワークにてまずは国内の病院向けに展開し、将来的には発展途上国を含めた全世界へ向けて、ECMOの普及とVRによる医療教育をセットで提供していきます。

※参考画像は添付の関連資料を参照

■日本国内ECMOは潤沢にあれど、扱える人材はいまだ不足

ECMOの世界市場は、2019年の3億810万米ドル(約324億円)から2028年までに8億1208万米ドル(約870億円)と年間平均成長率13%で成長するとAbsolute Markets Insightsが予測しています。日本のECMO保有台数は、2020年2月時点で1,412台と世界一を誇りますが、扱える人材がまだまだ不足しており、その稼働率はわずか1割程度となっています。また発展途上国においては、ECMO自体の普及台数も少なければ人材も少なく、機器の普及と合わせた人材育成が急務となっています。

※グラフ資料は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/613180/01_202106241355.jpg

グラフ資料

https://release.nikkei.co.jp/attach/613180/02_202106241355.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/613180/03_202106241355.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン