/

商船三井、2050年にネットゼロ・エミッション達成を目指し「商船三井グループ 環境ビジョン 2.1」を策定

発表日:2021年06月18日

―2050年ネットゼロ・エミッションを目指して―

商船三井グループ 環境ビジョン 2.1」を策定

株式会社商船三井(社長:橋本剛、本社:東京都港区、以下「商船三井」)は、2050年にネットゼロ・エミッション達成を目指し、サスティナブルな社会を実現するための道標として、「商船三井グループ 環境ビジョン 2.1」を策定しました。

クリーンエネルギーのサプライチェーンにおいてゲームチェンジャーとなるべく、各業界のリーダーと共に、自社および社会の温室効果ガス排出削減に努めます。

当ビジョンは2020年6月に発表した「商船三井グループ 環境ビジョン 2.0」をアップグレードするもので、TCFD(※)の枠組みを活用したシナリオ分析を実施し、加速する世の中の動きや技術革新を受け、より高い目標を掲げて課題に取り組みます。

※Task Force on Climate-related Financial Disclosuresの略。気候変動関連リスクおよび機会に関する項目について開示することを推奨。

<中長期目標>

1.2020年代中にネットゼロ・エミッション外航船の運航を開始します

2.2035年までに輸送におけるGHG排出原単位を約45%削減します(2019年比(※))

3.2050年までにグループ全体でのネットゼロ・エミッション達成を目指します

※SBT 海運用ガイダンスに沿った認証を取得する方針

詳細は、以下URLより「環境ビジョン 2.1」全文をご参照ください。

・URL:https://mol.disclosure.site/ja/themes/101

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン