/

TPCマーケティングリサーチ、欧米のプラントベースフードの市場について調査結果を発表

発表日:2021年06月04日

欧米のプラントベースフードの市場について調査結果を発表

この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、世界的に注目を集めているプラントベースフードの中心地である欧米(アメリカやイギリス、ドイツ、スペイン、イタリア、フランス、オランダ、その他欧州)の市場について調査を実施、その結果を発表した。

【調査結果】

欧米のプラントベースフード市場はこの10年間で約3倍に急拡大!

2020年度はドイツがイギリスを抜き欧州最大のマーケットとなった!

※グラフ資料は添付の関連資料を参照

・欧米のプラントベースフード市場は、2020年度で前年度比28.5%増の1兆2,735億円となり、この10年間では約3倍に急成長している。また、アメリカは前年度比28.0%増の6,240億円、欧州は29.0%増の6,495億円となった。

・欧米では、環境問題への配慮や菜食主義者の増加といった社会背景から年々ニーズが拡大。加えて、2020年度は新型コロナウイルス感染拡大によって食肉に対するマイナスイメージを抱く人や肥満対策を意識する人が増えたことで、より一層需要が拡大している。

・特に、ドイツは食肉加工工場内の集団感染が話題になったことから、意識的に動物性食品を避ける人が増加し、プラントベースフードの消費に拍車がかかっている。こうしたことから、同国は前年度比55.2%増と大幅に伸長し、イギリスを抜いて欧州最大のマーケットとなっている。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

https://release.nikkei.co.jp/attach/611757/01_202106041405.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/611757/02_202106041405.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン