/

トヨタ、グローバル投資ファンド「Toyota Ventures Climate Fund」を設立

産業:

発表日:2021年06月03日

トヨタ、「Toyota Ventures Climate Fund」を設立

-カーボンニュートラル実現に向けた取り組みを加速-

トヨタは、カーボンニュートラル実現という目標に向けてCO2の削減を更に加速するため、全社の取り組みを強化しております。今回、その一環として、グローバル投資ファンド「Toyota Ventures Climate Fund」を設立しました。

カーボンニュートラル実現に向けては、自社での取り組みに加え、志を同じくするパートナーとの連携が必要と考えています。「Toyota Ventures Climate Fund」は、カーボンニュートラルに取り組む企業、中でもアーリーステージの企業全般を対象として投資してまいります。

「Toyota Ventures Climate Fund」は、米国シリコンバレーに拠点を置くベンチャーキャピタルファンドToyota AI Venturesからこの度名称を変更した「Toyota Ventures」がファンド運営者(GP)となり、運用総額約1.5億米ドル(約160億円)の出資を受けています。

<「Toyota Ventures Climate Fund」概要>

所在地:米国

投資先:カーボンニュートラルに取り組むアーリーステージの企業全般

ファンド規模:1.5億米ドル(約160億円)

運用期間:15年

以上

トヨタは、革新的で安全かつ高品質なモノづくりやサービスの提供を通じ「幸せを量産する」ことに取り組んでいます。1937年の創業以来80年あまり、「豊田綱領」のもと、お客様、パートナー、従業員、そして地域社会の皆さまの幸せをサポートすることが、企業の成長にも繋がると考え、安全で、環境に優しく、誰もが参画できる住みやすい社会の実現を目指してきました。現在トヨタは、コネクティッド・自動化・電動化などの新しい技術分野にも一層力を入れ、モビリティカンパニーへと生まれ変わろうとしています。この変革の中において、引き続き創業の精神および国連が定めたSDGsを尊重し、すべての人が自由に移動できるより良いモビリティ社会の実現に向けて努力してまいります。

SDGsへの取り組み https://global.toyota/jp/sustainability/sdgs/

※参考画像は添付の関連資料を参照

・今回の取り組みを通じて特に貢献可能なSDGsの目標:

※添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/611710/01_202106041032.png

・今回の取り組みを通じて特に貢献可能なSDGsの目標

https://release.nikkei.co.jp/attach/611710/02_202106041032.JPG

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン