/

商船三井、数理最適化を活用した自動車船の配船計画支援システムの運用を開始しDXを加速

発表日:2021年05月28日

自動車船の配船計画支援システムの運用を開始しDXを加速

株式会社商船三井(社長:橋本剛、本社:東京都港区、以下「当社」)とグループ会社の商船三井システムズ株式会社(社長:吉田毅、本社:東京都港区)は、数理最適化(註1)を活用した自動車船の配船計画支援システムの運用を開始しました。

当社は自動車船オペレーターとして世界最大規模の約100隻を運航しています。世界各地の自動車の生産拠点と消費地を結ぶ海上輸送ルートは多様であり、世界中のお客様の輸送需要にお応えするには、船隊の全船を効率的に稼働させることが必要不可欠です。そのため、1船ごとに数ヶ月先まで輸送ルートのシミュレーションを行い、理論的には全船で数百万通りにものぼる組合せの中から船隊全体としての最適解を導き出す必要があります。

当社では、大阪大学の梅谷俊治教授(註2)の協力の下、数理最適化技術を用いて膨大な組合せの中から最適な配船計画を短時間で導き出すアルゴリズムを開発し(註3)、これを基にしたシステムの運用を開始しました。システムの導入により迅速な意思決定が可能となり、輸送需要の変化にも機動的に対応することができます。また、船隊全体の輸送効率の向上は、輸送単位量あたりの燃料の節減につながり環境負荷低減への貢献も期待できます。

当社グループは、今後もデジタルトランスフォーメーション(DX)を積極的に進めることで一層の輸送サービス品質向上を図り、物流のビジネスパートナーとしてお客様に選ばれる企業グループを目指します。

※参考画像は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/611250/01_202105281452.PNG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/611250/02_202105281452.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン