/

富士通、リクルートの新社屋事務所内社員向けコンビニエンスストアにタッチレスでの買い物を実現するAIレジレスシステムを導入

企業:富士通
産業:

発表日:2021年05月19日

リクルート様の新コンセプトオフィスにタッチレスでの買い物を実現するAIレジレスシステムを導入

ニューノーマルに対応した次世代スマートオフィスの実現に貢献

当社は、株式会社リクルート(注1)(以下、リクルート)様の新社屋事務所内に2021年5月19日にオープンする社員向けコンビニエンスストア「BeeThere Go」(所在地:東京都千代田区)において、AIレジレスソリューションZippin(注2)を活用したレジレスシステムを導入します。

本レジレスシステムでは、カメラや棚センサーなどのIoT機器とクラウド上のAIを組み合わせることで、来店客の動きや購入商品を判別し、自動で決済を行います。これにより、レジ待ちストレスが無い、スピーディーな購買を実現するとともに、来店客と店舗の従業員との接触機会を減らし、安心で安全な購買空間を実現します。

また、月週日別の売り上げの確認や、日常的な商品の価格変更などを簡単に管理Web画面から行える新機能を提供します。これらの機能により、店舗の従業員の作業をより省力化することで、日々の売り上げに応じた柔軟な販売施策の実施が可能になります。

当社は今後も、ストアシステムを前提としないSaaS型AIレジレスソリューションを提供することで、新規小売業参入企業によるマイクロマーケット(注3)への参入を促し、レジレスによる新しい購買スタイルの普及に貢献していきます。

■背景

リクルート様は、「安心安全な環境に、集い、快適に働くことができる」というコンセプトのもと、新社屋事務所である九段下オフィスを構築し、「タッチレス」や「次世代オフィスサービスの提供」などの複数テーマに基づき、働き方の多様化が進む中でオフィスに足を運ぶ従業員がより快適に働ける環境づくりに取り組んでいます。リクルート様が導入する様々な先進テクノロジーの1つとして、今回、Zippinを活用した当社のレジレスシステムが社員向けコンビニエンスストア「BeeThere Go」に採用されました。

なお、「BeeThere Go」は、ストアシステムを持たない新規小売業参入企業であるKS LINK株式会社(注4)(以下、KS LINK)様が運営します。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/610538/01_202105191053.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン