/

三菱地所など3社、配信プラットフォーム「バーチャル丸の内」で「ルーフトップバー」を公開

発表日:2021年05月11日

「バーチャル丸の内」に「ルーフトップバー」がオープン

デジタル空間における未来のコミュニケーションを検証

三菱地所株式会社(以下、三菱地所)、クラスター株式会社(以下、クラスター社)およびTokyo Marunouchi Innovation Platform(以下、TMIP)は、丸の内をバーチャル上に再現した配信プラットフォーム「バーチャル丸の内」において、今回新たに拡張した「ルーフトップバー」を2021年5月14日より公開いたします。

*「バーチャル丸の内」URL:

https://cluster.mu/w/afe0fc99-737f-4336-94aa-a830285f05e4(イベント後 5月14日 20:00頃オープン予定)

本取り組みは、コロナ禍で実際にまちを訪れることができなくても、丸の内を身近に感じていただける仕組みや空間を提供することで、新しいまちの在り方を提案・検証していくことを企図しており、「City DX プロジェクト」(後述「参考2」参照)の一環として実施します。オープニングイベントに加え、今回は三菱地所が2010年より運営する「三菱一号館美術館(東京・丸の内)」所蔵作品3点のバーチャル空間への展示も行うほか、リアルイベントである「大丸有バーホッピングウィーク(※)」で提供予定のオリジナルカクテルをバーチャル空間で再現してイベント内で紹介予定です。

※リアルイベントについては新型コロナウイルスの影響により開催延期。開催時期は未定。

三菱地所は、「バーチャル丸の内」を舞台に、TMIP会員企業とデジタル空間におけるまちの在り方やリアルなまちとの融合、新たな賑わいの形や出会い、コミュニケーション等が生まれるような新しいまちの在り方を検証し、まちのデジタルトランスフォーメーション(City DX)を推進していきます。

クラスター社は、本取り組みを通じて、バーチャルで"集まる"体験を再定義し、全く新しいエンタメと熱狂体験を提供していきます。

◇参考画像は添付の関連資料を参照

◇以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach/610000/01_202105111437.JPG

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach/610000/02_202105111437.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/610000/03_202105111437.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン