/

PALTEK、5Gネットワークにて通信可能な4K映像伝送リファレンスデザインを開発し実証試験に成功

発表日:2021年05月06日

PALTEK、5Gネットワークにて通信可能な4K映像伝送リファレンスデザインを開発

~5Gを使用した4K映像伝送試験に成功~

株式会社PALTEK(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:高橋忠仁、証券コード:7587、以下 PALTEK)は、第5世代移動体通信システム「5G」により4K映像を伝送するリファレンスデザインを開発し、実証試験に成功しました。

リファレンスデザインは、ザイリンクス社が提供する「Zynq(R)UltraScale+(TM)MPSoCZCU106評価キット」(以下ZCU106評価キット)とTelit Wireless Solutions社(テリットワイヤレスソリューションズ、以下 Telit社)の5G対応通信モジュール「FN980」により構成されています。これにより、5Gネットワークを活用した4K映像伝送でサービス構築を検討するお客様の開発効率化を支援することが可能となります。

*参考画像は添付の関連資料を参照

■開発の背景

5Gの商用サービスが2020年3月25日に開始され、今後基地局を増設することにより利用できるエリアがさらに拡大していきます。現在、5Gの活用に向けてマルチアングルによる臨場感あふれる遠隔スポーツ観戦、自動車・建機などの自動運転、遅延の許されない医療画像診断などの可能性が考えられ、さまざまな実証実験が始まっています。5Gは、超高速・超低遅延・多数同時接続の通信を実現する通信技術であり、IoTの普及や自動運転、遠隔診療といったスマートシティ構想にも必要不可欠な技術として期待されています。

また、通信事業者が全国展開する5G通信サービスとは別に、地域や企業が主体となり、特定のエリアで自前の5Gネットワークを構築・運用するローカル5G(※1)の活用も今後さらに進んでいき、5G通信がさまざまなサービスのインフラになると考えられています。ローカル5Gは、プライベートで免許取得・運用が可能であり、5Gの特長である高速大容量、超低遅延、多数同時接続を地域ニーズや個別ニーズに応じて使用することが可能です。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/609711/01_202105061220.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/609711/02_202105061220.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン