/

アンリツ、ETS-Lindgren社と協業して5G NR SAモードおよびCA試験に対応

企業:アンリツ
産業:

発表日:2021年04月26日

アンリツとETS-Lindgren社が協業して5G NR SAモードおよびCA試験に対応

アンリツMT8000AとETS-Lindgren社EMQuest EMQ-100(TM)の統合ソリューションにより、グローバルオペレータと標準化団体が策定する規格に対応

アンリツ株式会社(社長 濱田 宏一)は、ラジオ コミュニケーション テストステーション MT8000AとETS-Lindgren社のEMQuest(TM) EMQ-100 Antenna Measurement Softwareの統合ソリューションにより、5G NRスタンドアローン(SA)モード[※1]、デュアルコネクティビティ(EN-DC[※2])、およびキャリアアグリゲーション(CA)の検証に成功したことをお知らせします。

これにより、各無線通信事業者特有のネットワーク設定を模倣したSAモードやCA試験構成が可能になります。5G通信を利用するスマートフォン、モジュールおよび基地局が新しいアプリケーションに広がり続けるなか、OTA(Over-the-Air[※3])試験により、デバイスが対象のネットワークやユースケースで十分に機能することを確認することができます。

ETS-Lindgren社のビジネスデベロップメントディレクターであるJames Young氏は次のように述べています。

「世界中に存在する多数の5Gネットワーク構成に適応させることが、重要なマイルストーンでした。デバイスメーカは、OTA試験により、アンテナの無線特性を評価する事ができます。このたび、EMQuest EMQ-100およびMT8000Aは、さまざまなチップセットで動作する市販の5GデバイスのSA試験に対応しました。ETS-Lindgren社とアンリツによる協業は、チップセットがサポートするネットワーク環境をテストラボで試験するお客さまにとって重要な取り組みです。」

アンリツ・アメリカス・セールス・カンパニーのワイヤレスマーケットデベロップメントマネージャのKeyvan Yasamiは次のように述べています。

「ETS-Lindgren社との協業により、SAおよびCA試験需要に対応し、テストラボやOEMベンダがグローバルオペレータ、CTIA[※4]や3GPPなどが策定する各種規格に対応するソリューションを提供する事ができます。アンリツは、ETS-Lindgren社をはじめとしたマーケットリーダーと引き続き連携して、5Gサービスの普及・発展に尽力してまいります。

■製品概要

○ラジオ コミュニケーション テストステーション MT8000A

MT8000Aは、広帯域信号処理やビームフォーミング[※5]など、5G NR eMBB[※6](超高速大容量)5Gシステムで必要とされる最新技術に対応した開発用テストプラットフォームです。FR1[※7]で必要となる400MHz~7.125GHzおよび、FR2[※8]で必要となる28GHz帯/39GHz帯/43GHz帯をカバーし、シグナリングRF測定を提供しています。

また5Gで必要となるNSAモードおよびSAモードの双方をサポートしています。NSA試験では、アンリツのLTE向けテストプラットフォームであるラジオ コミュニケーション アナライザ MT8821C( https://www.anritsu.com/ja-JP/test-measurement/products/mt8821c)との組み合わせにより、安定かつ効率的にNSA環境を構築できます。

MT8000Aについてもっと詳しく( https://www.anritsu.com/ja-JP/test-measurement/products/mt8000a

■EMQuest EMQ-100

ETS-Lindgren社のEMQuest EMQ-100は、基本的なアンテナ性能の検証用途として、さまざまな無線機器のアンテナ放射性能に対して、パラメトリック化された幅広いテスト手法を提供しています。

EMQuest EMQ-100は柔軟な試験設計が可能であり、SAアプリケーションのアンテナ解析、業界標準のOTA性能テスト要件に基づく組み込みアンテナシステムや無線モジュールの試験ができます。

ETS-Lindgren社に関する詳しい情報は http://www.ets-lindgren.com/をご覧ください。

■用語解説

[※1] スタンドアローン(SA)モード

 SAは、Stand Aloneの略。NSAとは異なり、4G回線との相互接続はせず、5G回線のみでU-Plane、C-Planeの両方の通信を行うネットワークで、3GPP Release 15で定義されている通信方式。

[※2] EN-DC

 EN-DCは、"E-UTRAN New Radio - Dual Connectivity"の略。3GPPのRelease 15で導入され、LTEと5G NRの同時接続のこと。

[※3] Over-the-Air

 ケーブル接続ではなく、空間を介して電波の送受信を行い、無線機の性能を測定すること。

[※4] CTIA

 米国の無線通信業界を代表する業界団体。ワイヤレス業界向けの認証プログラムを運営、業界の調査結果を公開している。

[※5] ビームフォーミング

 複数の素子を持ったアンテナを用いて、場所による電波の強度を動的に制御する技術。これにより電波空間や電力を効率的に利用できる。

[※6] eMBB

 enhanced Mobile Broadbandの略。モバイルシステムにおける超高速大容量通信のこと。

[※7] FR1

 3GPPが定義する5G NRの周波数帯域のうち、400MHz~7.125GHzの周波数帯を示す。

[※8] FR2

 3GPPが定義する5G NRの周波数帯域のうち、24.25GHz~52.6GHzのミリ波帯を示す。

*参考画像は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/609384/01_202104261643.jpg

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン