/

NEC、工場内の無線化実現に向け5Gを活用した実証実験を三菱重工工作機械において実施

企業:NEC
産業:

発表日:2021年04月22日

NEC、工場内の無線化実現に向け5Gを活用した実証実験を三菱重工工作機械において実施

NECは、三菱重工工作機械株式会社(注1)、株式会社NTTドコモ(注2)、サンリツオートメイション株式会社(注3)、株式会社構造計画研究所(注4)とともに三菱重工工作機械 栗東工場において5Gを活用した工場内の無線化に向けた実証実験を2021年1~2月の1か月間、実施しました。

昨今の工場では、労働者や熟練工不足、顧客ニーズの多様化による変種変量生産への対応などの課題があります。このため、省力化や無人化、現場作業員の作業効率の向上や多能工化、製造ラインの自由度の向上などを図り、さらには生産設備や無人搬送車(Automated Guided Vehicle、注5、以下AGV)システムの制御、高精細画像による作業支援の実現に向けて、高速・大容量で、安定した無線通信が不可欠となります。

工場は、金属の製造設備、大型クレーンやフォークリフトなどの可動設備があり、電波の遮蔽や受信強度に変化が生じるため、無線通信には困難な環境です。本実証実験では、制御や映像伝送等の具体的なアプリケーションを想定し、5Gによる無線通信の評価を行いました。その結果、5Gの有効性確認と、工場の無線化に必要な知見が得られました。

なお、本実証実験は総務省事業である令和2年度「地域課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証」(注6)の委託を受けて実施したものです。

■実証実験の内容

今回の実証実験では、工場内の無線化により工場の生産性向上に貢献する主に3つの課題解決システムを評価・分析し、5Gの導入効果及び実装に向けた機能面、運用面の検証を行いました。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/609156/01_202104221130.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン