/

日本NCR、スーパーマーケットKOHYO内本町店でオールセルフレジ店舗の運用を開始

発表日:2021年04月08日

日本NCR、スーパーマーケットKOHYO内本町店でオールセルフレジ店舗の運用開始

日本NCR株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小原 琢哉、以下 日本NCR)は、京阪神地区を中心に80店舗(2021年3月時点)を展開するイオングループのスーパーマーケットの運営会社である株式会社光洋(本社:大阪府茨木市、代表取締役社長:平田 炎、以下 光洋)の運営するKOHYO内本町店で、全てのレジをセルフレジで運営するオールセルフレジ店舗の運用を3月27日に開始しました。コロナ禍における安全安心のため、新たなスタンダードへの移行と定着を目指し、業界に先駆け非接触・非対面店舗の運用を実現しました。

【これまでの課題と期待される導入効果】

■これまでの課題

・昼のピーク時にレジ待ちが発生

・レジ混雑時に他部署からの応援が発生

・コロナ禍における、従業員とお客さまの接触、対面による不安

■期待される導入効果

・これまでと同じスペースでより多くの機器を配置でき、レジ待ちが解消

・レジ業務にあたる人時の削減

・非接触、非対面による安心感の向上

KOHYO内本町店は東京都千代田区に次いで全国2位(*1)となる昼夜間人口比率の高い大阪市中央区のビジネス街に立地しており、昼間のピーク時にレジを待つ混雑が日常的に発生している立地となっています。

【株式会社光洋様からのコメント】

この度の取り組みは、コロナの影響による消費行動の変化を受け、価格だけではなく、時間や安全を優先されるお客さまに対する価値提供の一つの手段となるトライアルです。今後は順次導入店舗を拡大してまいります。

【セルフレジ設置概要】

セルフレジ 合計7台

 - 現金対応セルフレジ 4台

 - キャッシュレスセルフレジ 3台

*1 平成27年総務省統計局「国勢調査結果」

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/608249/01_202104081443.pdf

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン