/

東北大、資源性に富むカルシウムを用いた新たな電池材料を開発

発表日:2021年04月06日

資源性に富むカルシウムを用いた新たな電池材料を開発

-水素クラスターを含むフッ素フリー電解質が次世代電池開発を加速-

【発表のポイント】

●水素クラスター[用語1]を用いた新たなカルシウムイオン電池用の電解質を開発

●"高いイオン伝導率"、"高い電気化学的安定性"、"フッ素フリー[用語2]"を兼ね備えたカルシウム電解液の作製に世界で初めて成功

●この電解液を用いてカルシウムイオン電池の室温での安定動作を実証

●資源性に富むカルシウムを用いた電池開発の加速に期待

【概要】

持続可能社会に向けた再生可能エネルギーの導入や電気自動車などの発展を背景として、電池容量がすでに理論的な限界に近づいているリチウムイオン電池に代わる高性能な蓄電デバイスの開発が急がれています。

東北大学 材料科学高等研究所(WPI-AIMR)の木須一彰助教と折茂慎一所長、同大学 金属材料研究所の金相侖助教らの研究グループは、資源性に富むカルシウムに注目して、カルシウムイオン電池用の新規電解質として、水素とホウ素から形成された水素クラスターを含む錯体水素化物を新たに開発し、高い伝導率が得られることを発見しました。

さらに、カルシウムイオン電池としての応用に向けて、2種類の溶剤を混合することで、このカルシウム錯体水素化物を溶剤中に高濃度で溶かし込むことに成功しました。得られた電解液は、"高いイオン伝導率"および負極・正極に対する"高い電気化学安定性"を有すると共に、カルシウムイオン電池の寿命向上に優位な"フッ素フリー"である世界初の電池材料といえます。

本研究は、スイス連邦工科大学ローザンヌ校のKun Zhao 博士およびAndreas Zuttel 教授(◇)と進めた、東北大学材料科学世界トップレベル研究拠点プロジェクトの成果であり、令和3年4月6日付(現地時間)で英国科学誌「Scientific Reports」のオンライン版に掲載されます。

◇「Andreas Zuttel 教授」の正式表記は添付の関連資料を参照

※参考画像は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

「Andreas Zuttel 教授」の正式表記

https://release.nikkei.co.jp/attach/608039/01_202104061449.pdf

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/608039/02_202104061449.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/608039/03_202104061449.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン