/

JAL、デジタル証明書アプリ「コモンパス」「VeriFLY」「IATAトラベルパス」との実証実験などの取り組みを開始

発表日:2021年04月02日

安全・安心でスムーズな渡航に向け、3つのデジタル証明書アプリ

「コモンパス」、「VeriFLY」、「IATAトラベルパス」との取り組みを開始

○ 3つのデジタル証明書アプリ「コモンパス」、「VeriFLY」、「IATAトラベルパス」のJAL運航便への導入に向けた取り組みを開始

○ 羽田-ホノルル線(4月2日)、成田-シンガポール線(4月5日)で「コモンパス」との実証実験を空港で実施

○ 安全・安心でスムーズな渡航を目指し、デジタル証明書アプリの早期実用化に向けた取り組みを加速

JALは、3つのデジタル証明書アプリ「コモンパス」・「VeriFLY」・「IATAトラベルパス」について、JAL運航便での利用に向けて実証実験などの取り組みを開始します。デジタル証明書アプリは、新型コロナウイルス感染症の検査結果などを、スマートフォンをはじめとした各種デバイスに表示可能で、安全な情報管理(*1)を前提としてさまざまな国との往来に不可欠であるとの考えのもと、関係機関とともに協力し、以下の実現を目指します。

(1) 医療機関が発行した新型コロナウイルス感染症の検査結果や、渡航先の入国要件・渡航資格などを、お客さまのスマートフォンなどの各種デバイスにて確認できるデジタル証明書アプリの導入と普及

(2) デジタル証明書アプリを利用した非接触、非対面でスムーズな搭乗手続き(自動チェックイン)

(3) デジタル証明書アプリによる到着国での検疫通過など利用シーンの拡大

(*1)航空会社は情報を持たず、各デジタル証明書アプリが各国法令と利用者の許諾に基づき適切に情報を管理する仕組み

※参考画像は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach/607887/01_202104021642.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach/607887/02_202104021642.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/607887/03_202104021642.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン