/

博報堂DYHD、MESONと3D都市モデル整備・オープンデータ化プロジェクトにて渋谷・神南エリアでの広域実証実験を実施

発表日:2021年03月30日

博報堂DYホールディングスと体験拡張企業 MESON

国土交通省主導の3D都市モデル整備・オープンデータ化プロジェクト Project PLATEAUにて、渋谷・神南エリアでの広域実証実験を実施

~屋外AR/VR横断コミュニケーションが街での発見や魅力向上へつながると示唆~

株式会社博報堂DYホールディングス(東京都港区、代表取締役社長:水島正幸、以下博報堂DYホールディングス)と株式会社MESON(東京都渋谷区、代表取締役社長:梶谷健人、以下 MESON)は、共同で研究を進める、現実世界とサイバー空間を融合させた新たなコミュニケーション体験構築プロジェクト「GIBSON(ギブソン)」において、東京都渋谷区神南エリアを舞台としたAR/VR融合の周遊体験の実証実験を実施しました。本取り組みは国土交通省主導の3D都市モデル整備・オープンデータ化プロジェクトである Project PLATEAUの一環として2021年3月8日から3月16日にかけて実施されました。

※参考画像は添付の関連資料を参照

「GIBSON」プロジェクトは、現実世界の3Dコピーである「デジタルツイン」を用いて「サイバー空間」を構築し、そこにログインする遠隔地のVRユーザーと現実世界のARユーザーとがあたかも同じ空間で場を共有しているようなコミュニケーション体験を可能にするものです。

今回の実証実験では、3D都市モデルを活用して構築されたバーチャルな神南エリアに遠隔地からアクセスするVRユーザーと、実際に神南エリアにいるARユーザーとが、あたかも同じ空間を共有しながら共に周遊散歩体験をしているかのような体験を提供しました。渋谷の魅力を新たに発見してもらうことを目的に、現実空間とバーチャル空間中の同じ場所にその場所に関するAR/VR共通の空間コンテンツを設置しました。

2021年3月8日から3月16日にかけて、これまで検討してきたAR/VRの横断型のコミュニケーションを都市スケールで展開すると、ユーザー間のインタラクションがどのように変化し、どのようなユースケースが可能になるか、2人1組で4組にGIBSONを体験してもらい、その効果を検証しました。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/607564/01_202103301340.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/607564/02_202103301340.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン