/

TPCマーケティングリサーチ、食系企業の乳酸菌事業戦略について調査結果を発表

産業:

発表日:2021年03月19日

食系企業の乳酸菌事業戦略について調査結果を発表

この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、乳業メーカーおよび飲料メーカーの乳酸菌事業戦略について調査を実施、その結果を発表した。

※グラフ資料は添付の関連資料を参照

【調査結果】

・乳酸菌応用製品市場の2010年度から2019年度までの市場規模は、上記グラフの通り。

・2019年度における乳酸菌応用製品市場は、前年度比 0.2%増の7,452億円となった。消費者の乳酸菌に関する理解度が深耕したこともあり、安定的に増加傾向で推移してきたこともあって、ここ10年で54.0%増となっている。一方で2019度は、前年度比伸長率としてはここ10年で最も低い伸長率となっている。また、ここ3年の伸長率をみても以前に比べると落ち込んでおり、市場としては既に成熟しつつある。

・対象分野への参入企業は、ヨーグルトを主力商品としている乳業メーカーをはじめとして、飲料メーカー、食品メーカー、清酒メーカー、健康食品メーカーなど幅広い。近年、これらのメーカーが保有する菌株の機能研究が進み、様々な訴求に繋がる研究成果を公表している。そのうえで、機能性表示食品制度も踏まえて、様々な機能を持った商品を上市することで消費者ニーズを取り込みつつ他社との差別化を図る動きが加速している。具体的には、"肌の潤いを保つこと"を訴求する「タカナシ flora ドリンクヨーグルト」(タカナシ乳業)や、"ストレス緩和"と"睡眠の質向上"を謳う「Yakult 1000」(ヤクルト本社)、"目の健康"を謳う「iMUSE eye KW 乳酸菌」(キリンホールディングス)、"体脂肪低減"の「ラクフィット」(サントリーホールディングス)などがある。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

https://release.nikkei.co.jp/attach/606975/01_202103191519.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/606975/02_202103191519.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン