/

武田薬品、soticlestatのグローバルでの開発および販売権を米Ovid社から獲得する独占契約を締結

発表日:2021年03月04日

小児・成人のドラベ症候群およびレノックス・ガストー症候群の治療薬候補soticlestatのグローバルでの開発および販売権のOvid Therapeuticsからの取得について

- Ovid社は、1億9,600万米ドルの一時金、各マイルストン支払いや販売額に応じた段階的な二桁台のロイヤリティを含め、最大8億5,600万米ドルを受領する権利を取得

- ファースト・イン・クラスの治療薬候補により、ドラベ症候群およびレノックス・ガストー症候群の小児患者を対象とした臨床第2相ELEKTRA試験において発作頻度が減少

- 2017年に締結された両社間の共同開発・販売契約に関する提携は終了し、今後Ovid社は開発またはマイルストンの義務は負わず

- 当社は、2021年4月~6月の間に、ドラベ症候群およびレノックス・ガストー症候群の小児・成人患者を対象とする臨床第3相試験を開始予定

- Ovid社は、米国東部標準時の3月3日午前8:30に電話会議とウェブ配信を実施

武田薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、以下「武田薬品」)と、希少神経疾患患者の生活に大きな変化をもたらす治療薬の開発を行うバイオ医薬品企業であるOvid Therapeutics Inc.(所在地:米国ニューヨーク州ニューヨーク、以下「Ovid社」)は、本日、当社がドラベ症候群(DS)またはレノックス・ガストー症候群(LGS)を含む発達性およびてんかん性脳症の治療薬として臨床段階にあるsoticlestat(TAK 935/OV935)について、グローバルでの開発および販売権をOvid社から獲得する独占契約を締結しましたのでお知らせします。

当社の湘南研究所で発見されたsoticlestatは、強力で選択性の高い、ファースト・イン・クラスのコレステロール24ヒドロキシラーゼ(CH24H)阻害剤です。当独占契約に基づき、soticlestatのグローバルでの権利を武田薬品が獲得し、今後の全世界での開発と販売を単独で担うことになります。Ovid社はマイルストン支払いや将来の開発・販売費用を含め、武田薬品に対していかなる金銭的義務も負いません。Ovid社は契約時に1億9,600万米ドルの一時金を受領し、開発、承認、発売等の各マイルストン達成時に最大6億6,000万米ドルを受領する権利を有します。さらにOvid社は、soticlestatが承認・上市された場合、販売額に応じた二桁台前半から最大20%の段階的なロイヤリティを受領することとなります。このたびの新たな契約は、ハート・スコット・ロディノ法(米国独占禁止法)に基づく該当する規制当局による承認を含め、一定のクロージング条件を満たすことを前提に、2021年3月末までにクローズする予定です。

当社のPresident of Research and DevelopmentであるAndy Plump, M.D., Ph.D.は、「思慮深く生産的な提携に対し、Ovid社に感謝申し上げます。両社の協働により、臨床第2相ELEKTRA試験で良好なデータが得られ、その結果、soticlestatは2つのピボタル試験に進む準備ができました。この提携は、当社のパートナーシップモデルの強みと、神経疾患の患者さんに革新的な医薬品を提供するという当社のコミットメントを示すものです」と述べています。

2017年に締結された両社間の共同開発・販売契約に関する提携により、武田薬品はOvid社の株式を取得し、臨床第3相試験の開始を含む申請・承認等に関するマイルストンに対して最大8,500万米ドルを受領する権利を有していました。Ovid社は希少小児てんかん領域における概念実証を成功裏に行ない、グローバル規模でsoticlestatの開発を主導しました。

Ovid社のChairman and Chief Executive OfficerであるJeremy Levin, DPhil, MB, BChirは、「この新しい契約は、患者さん、武田薬品、当社のすべてにとって良い結果であると確信しています。当社は武田薬品と協働して準備を進め、プログラムを最適化し、加速させてきました。当社は大きな利益を得るものと考えています。soticlestatのピボタル試験が完了するまでの今後数年間に必要となる相当な資金を自身で投じる義務はなく、試験が成功すれば、世界市場への参入につながります。また、本契約によってもたらされる資金により、当社は戦略的にも経済的にも、未来に向けて好位置につくことができます。当社のパイプラインを推進・強化し、脳の希少疾患領域におけるリーディングカンパニーを目指してまいります。素晴らしいパートナーである武田薬品に感謝するとともに、今後も本プログラムの成功に期待しています」と述べています。

武田薬品Neuroscience Therapeutic Area UnitのHeadであるSarah Sheikh, M.D., M.Sc., MRCPは、「重要なアンメットニーズである希少な神経疾患と神経筋疾患にフォーカスしている当社のポートフォリオにおいて、soticlestatは開発後期にある重要な治療薬となっています。DSおよびLGSの小児・若年成人の患者さんを対象とした臨床第3相試験を開始し、進めていけるよう、懸命かつ適切に取り組んでいます。当社の目標は、いつか、世界中のDSおよびLGSの患者さんに、発作を管理できる、忍容性と機能性に優れた新たな治療選択肢をお届けすることです」と述べています。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/606075/01_202103041654.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン