/

大成建設、カーボンリサイクル・コンクリート「T-eConcrete/Carbon-Recycle」を開発

発表日:2021年02月16日

カーボンリサイクル・コンクリート「T-eConcrete(R)/Carbon-Recycle」を開発

環境配慮コンクリート製造過程におけるCO2収支マイナスを実現

大成建設株式会社(社長:相川善郎)は、環境配慮コンクリート「T-eConcrete」(※1)の製造過程で排出されるCO2量に対して、工場の排気ガスなどより回収したCO2から製造する炭酸カルシウムを用いて、コンクリート内部にCO2を固定することで、CO2収支をマイナスにすることが可能となる、カーボンリサイクル・コンクリート「T-eConcrete/Carbon-Recycle」を開発しました。(図1参照)

現在、国内では「カーボンリサイクル」の実現に向け、2019年に資源エネルギー庁にカーボンリサイクル室が設置され、回収したCO2の直接利用や、CO2を用いた炭酸カルシウムの製造などのイノベーションが推進されています。

当社は、これまで"セメントを使用しないコンクリート"をはじめとする環境配慮コンクリート「T-eConcrete」の開発を進め、コンクリート製造時におけるCO2排出量の削減に努めていますが、これらの技術を発展させて「カーボンリサイクル」に対応するためには、以下のような課題がありました。

●回収したCO2を、直接、コンクリートに吸収させるとコンクリートが中和され、鉄筋の防錆機能を失う。

●CO2の吸収を容易にするため、コンクリート内に微細な空隙を増やす構造にした場合、コンクリート強度が低下する。

●回収したCO2を用いて製造した炭酸カルシウムを大量にコンクリートに添加すると、粘り気の増加や硬化遅延により施工性が著しく低下し、硬化後の強度が低下する。

そこで、当社は、これまで「T-eConcrete」の開発で蓄積したCO2排出量を削減するコンクリート技術やノウハウを駆使し、回収したCO2から製造されるカーボンリサイクル材料(※2)である炭酸カルシウムを、製鋼副産物である高炉スラグ(※3)主体の結合材(※4)により固化させることで、コンクリート内部にCO2を固定するカーボンリサイクル・コンクリート「T-e Concrete/ Carbon-Recycle」を開発しました。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/605204/01_202102161553.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン