プレスリリース

楽天と西友、「楽天西友ネットスーパー」の専用物流センターを大阪府茨木市に新設

2021/2/16 13:47
保存
共有
印刷
その他

発表日:2021年02月16日

楽天と西友、「楽天西友ネットスーパー」の関西地域における出荷能力を拡充

-2021年内に大阪府茨木市に物流センターを新設-

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)と合同会社西友(本社:東京都北区、社長兼最高経営責任者:リオネル・デスクリー、以下「西友」)は、両社が協働運営するネットスーパー事業「楽天西友ネットスーパー」(以下「本サービス」)において、関西地域における出荷能力の拡充を目的に、大和ハウス工業株式会社が開発する大型物流施設「DPL茨木」(所在地:大阪府茨木市)の全フロアを賃借し、専用物流センターを新設することとなりました。なお、本施設の稼働開始時期は、2021年内を予定しています。

昨今、「新しい生活様式」のもとECが生活基盤としてますます定着し、ネットスーパーに対する需要は急速に拡大しています。本サービスについても、10月から12月の売り上げは昨年同期比+39.9%と加速度的に成長しています。

このたび新設する物流センターでは、常温・冷蔵・冷凍の3温度帯で商品の保管ができるほか、搬送などの自動化設備を導入し、倉庫内作業を効率化します。これにより、当日配送枠を拡充し、関西地域における供給能力の強化を図るとともに、サービスの利便性向上を図ります。

本サービスでは、本年1月より、神奈川県横浜市に、最大3万~4万アイテムの取り扱いが可能な専用物流センターを稼働開始しました(注1)。同施設においては、自動化設備を導入することで、通常のオペレーション(注2)と比較し、約60%の省人化が実現しました。

楽天と西友は今後も、強固なサービス供給体制の構築を推進し、高まるニーズに応え、ユーザーの利便性向上を目指してまいります。

(注1)首都圏ではエリアに応じて千葉県柏市の物流センター、神奈川県横浜市の物流センター、および実店舗から配送

(注2)千葉県柏市の物流センターのオペレーションと比較

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/605159/01_202102161154.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]