/

ICT総研、「2021年タクシー配車アプリ利用動向に関する調査」結果を発表

発表日:2021年02月04日

「2021年タクシー配車アプリ利用動向に関する調査」

■タクシー配車アプリ利用者数は2021年末に1,110万人、2023年末に1,573万人へ

■タクシー配車アプリの利用率は14.8%、非利用者のうち17%が3年以内の利用を検討中

■利用者数トップはGO、2位はDiDi、3位UberTaxi、4位MKタクシースマホ配車と続く

■人に薦めたいサービストップ3は、UberTaxi、DiDi、GO

株式会社ICT総研(東京都中央区)は2月4日、「2021年タクシー配車アプリ利用動向に関する調査」の概要をまとめた。

■タクシー配車アプリ利用者数は2021年末に1,110万人、2023年末に1,573万人へ

一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の統計によれば2018年度のタクシー総車両台数は約23万台。ピーク時の2007年度には26.7万台だったが、10年間で14%ほど減少している。タクシー需要の減少や供給過剰に対応するためで、タクシー業界を取り巻く環境は厳しさを増している。そのような市場環境下でも、ここ数年で利用者が急増しているのがタクシー配車アプリを活用したサービスだ。

ICT総研では、タクシー配車アプリを活用した配車サービスの市場動向について調査を行い、現在の市場規模を推計した。ICT総研の需要予測では、2020年末時点での日本国内のタクシー配車アプリの利用者数(ユニークユーザー数)は858万人と推計される。利用者数はアプリの普及と配車サービス登録車両の拡大により今後も増加傾向で、2021年末に1,110万人、2022年に1,346万人、2023年末に1,573万人になると予測した。

■表1.タクシー配車アプリ利用者数 需要予測

※添付の関連資料を参照

*ICT総研による利用者数推計。

*1年以内にアプリを使用してタクシーに乗車した利用者数(ユニークユーザー数)。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

表1

https://release.nikkei.co.jp/attach/604504/01_202102041022.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/604504/02_202102041022.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン