/

ウェザーニューズ、5kmメッシュの高解像度「停電リスク予測API」を提供開始

発表日:2021年02月03日

日本初の停電予測データをクラウド連携、DX推進でレジリエンス強化

5kmメッシュの高解像度「停電リスク予測API」を提供開始

スマート家電と連携、物流の配送遅延や店舗休業など停電リスク把握に

株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開 千仁)は、2月3日、高精度の気象データと最新技術の活用によって企業のDXを推進し、ビジネス課題を解決するWxTech(R)(ウェザーテック)サービスにおいて、「停電リスク予測API」の提供を開始しました。

昨今は寒波による電力需要のひっ迫で大規模停電が懸念されていますが、千葉で大規模な停電をもたらした2019年台風15号のように、夏から秋にかけては台風による停電被害が発生します。そこで、当社は過去の停電報告と風速データの相関関係の分析をもとに、日本で初めて停電予測モデルを開発し、本日より「停電リスク予測API」のデータ提供を開始しました。「停電リスク予測API」は、1時間ごとの停電予測のデータを72時間先まで5kmメッシュの細かさで提供するサービスです。データはクラウド上に保存され、APIなどで提供するため企業システムとの連携が容易です。例えば、停電予測データと連携するスマート家電などの製品開発や、オフィス・店舗のデータを自動でバックアップする停電対策サービス開発のほか、電力会社の体制判断、工場の操業停止や物流事業における配送遅延や休止、スーパー・コンビニ店舗での休業のリスク把握など、BCP対策の観点でもご活用いただけます。

当社は、本サービスの提供を通して、停電時の被害を最小限におさえる防災・減災サービスや製品の開発、およびDX時代における企業のレジリエンス強化を支援していきます。

■「WxTech(R)」のデータラインナップはこちらから

https://wxtech.weathernews.com/services.html

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/604465/01_202102031355.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン