/

ユニ・チャーム、「シルコット ウェットティッシュ」の生産量を2019年と比較して約2倍まで拡大

発表日:2021年02月02日

売上No.1(※1)「シルコット ウェットティッシュ」生産量を2019年比、約2倍増産へ

ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員:高原豪久)は、新型コロナウイルス感染予防や、家庭内での新たな清潔習慣を捉え、「ウェットティッシュに関する顧客の意識調査」を行い、2019年と2020年で意識の変化を確認しました。これらの調査結果を踏まえて、需要が高まる「シルコット ウェットティッシュ」の生産量を2021年3月から、2019年と比較して約2倍まで拡大します。

※1 インテージSRI調べ:一般用ウェットティッシュ市場 累計販売金額2009年1月~2020年10月ブランドランキング

【「ウェットティッシュに関する顧客の意識調査」結果、一部ご紹介】

(1)衛生意識の変化:70%の方が、ウェットティッシュで日頃ウイルスの感染対策を実施。(2019年39%)

(2)ウェットティッシュの重視点:66%の方が、「アルコール配合であること」を重視。(2019年46%)

(3)ウェットティッシュの使用枚数:月平均98枚程度と使用枚数が増加。(2019年85枚)

【ウェットティッシュ市場規模】

2020年の新型コロナウイルス感染拡大に伴い、ウェットティッシュの市場規模は、2019年と比較して2倍以上拡大。

*参考画像は添付の関連資料を参照

■調査概要

【2019年】

・対象者:20代~70代の男女(男性:1,253人・女性1,256人)

・人数:2,509人

・期間:2019年6月5日~6月11日

・手法:インターネット調査

【2020年】

・対象者:20代~70代の男女(男性:1,253人・女性1,256人)

・人数:2,509人

・期間:2020年6月25日~7月8日

・手法:インターネット調査

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/604421/01_202102021739.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/604421/02_202102021739.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン