/

Mobility Technologies、「GO アプリ決済」が17都道府県のタクシー後部座席タブレットで利用可能に

発表日:2021年02月02日

全国17都道府県・約5万台の後部座席タブレットで『GO アプリ決済』が利用可能に

より安心な非接触決済で公共交通タクシーをサポート

*参考画像(1)は添付の関連資料を参照

株式会社 Mobility Technologies(本社:東京都港区、代表取締役社長:中島 宏、以下MoT)が展開するダウンロード数 No.1(※1)タクシーアプリ『GO(ゴー)』において提供中の『GO アプリ決済』が、2021年2月2日(火)より、『GO』展開エリアの後部座席タブレット『JapanTaxi タブレット』で利用可能となります。これにより、道や乗り場からの乗車時でも、乗車中に支払い手続きが完了する『GO アプリ決済』が、全国17都道府県約5万台のタクシー車両で使えます。

※1 App Annie 調べ|タクシー配車関連アプリにおける日本国内ダウンロード数(iOS/Google Play合算値) 調査期間:2020年10月1日~2020年12月31日

|非接触で支払いが完了!安全・安心な移動をサポートします!

これまで『JapanTaxi タブレット』は、各種決済と『JapanTaxi Wallet』に対応していましたが、この度の連携により、『GO』展開エリアでは、『JapanTaxi タブレット』で『GO アプリ決済』を使用することができるようになります。

『GO アプリ決済』は、道や乗り場からのご乗車時など、アプリからの配車注文ではない場合にも、『GO』アプリ上での決済手続きを乗車中に完了させることができる機能です。降車時にアプリ上で支払いが完了するため、乗務員との支払いや領収書のやりとりなく、目的地到着後すぐに降車することができます。この仕組みはMoTが独自開発したもので、多くの場面で非接触が求められる今の時代、移動のニューノーマルを体現する仕組みとして期待されています。

*参考画像(2)は添付の関連資料を参照

『JapanTaxi』アプリの後継アプリ『GO』では今後、エリア拡大ならびにさらなる機能追加を行い、圧倒的No.1タクシーアプリを目指すとともに、便利で安全・安心なタクシー利用を後押しします。

*参考資料は添付の関連資料を参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像(1)

https://release.nikkei.co.jp/attach/604346/01_202102021206.jpg

参考画像(2)

https://release.nikkei.co.jp/attach/604346/02_202102021206.png

参考資料

https://release.nikkei.co.jp/attach/604346/03_202102021206.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン