/

電通、採用ブランディングサービス「サークルアップ」を開発

発表日:2021年01月29日

サークル支援を通じたZ世代向け採用ブランディングサービス「サークルアップ」をリクー社と共同開発

- 7万人の学生データを活用、低学年からの企業と学生の接点を創出 -

株式会社電通(本社:東京都港区、社長:五十嵐 博)は、全国80大学に支部を持つ就職活動支援団体「エンカレッジ」を運営する株式会社RECCOO(リクー)(本社:東京都渋谷区、社長:出谷 昌裕)と共同で、企業が学生とサークル単位で接点を持つダイレクトオファー機能による採用ブランディングサービス「サークルアップ」を開発、1月29日にローンチしました。なお、運営は大学生向けプロモーションを専門に行う株式会社ユーキャンパス(本社:東京都港区、社長:渡部陽)が行います。

本サービスは2013年にリリースし、全国4,000サークル7万人の学生が登録している、大学サークル向けコミュニティアプリ「サークルアップ」をリニューアルしたものです。学生向けサービスはそのままに、企業がサークルに所属する大学生に対し、アンケート調査やオンライン面談といったオファーを直接配信できる機能が新たに搭載される予定です。学生はオファーを受けることで、サークル活動資金に交換できるポイントを得ることができます。

調査によると、Z世代(※1)の学生が就職先として企業に興味を持つきっかけは、「サークルの先輩」が1位となっており、サークルは採用における企業ブランディングの入り口として非常に重要な役割を担っていることが分かりました(※2)。本サービスにより通年化・低学年化が課題となる新卒採用において、企業は学生との接点を早期から、採用の母集団となるサークル単位で持つことが可能になります。また、オファーは全てオンラインで行うため、デジタルネイティブと呼ばれるZ世代の学生との交流を、コロナ禍においても活発に行うことが可能になります。

●本サービスのメリット

(1)全国4,000サークルの中から、ダッシュボード上で自社の事業と親和性が高いサークルを検索。採用母集団として早期にアプローチ・獲得することができる。

(2)サークル内の学生間で評価した他己分析データにより、学生の自然体な特長を把握できる。

(3)オンラインの面談や説明会へ誘引することができる他、調査などの若者マーケティング・プロモーション活用も可能。

(4)オファーがサークル支援になるため、企業ブランディングに繋がる。

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/604128/01_202101291216.pdf

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン