/

矢野経済研究所、ERP及びCRM・SFAにおけるSaaS利用状況の法人アンケート調査結果を発表

発表日:2021年01月26日

ERP及びCRM・SFAにおけるSaaS利用状況の法人アンケート調査を実施(2020年)

ERP及びCRM・SFAのクラウド利用率を調査

~次回システム更新時にSaaSを利用するという回答が急伸、ERPのSaaS需要の高まりが明らかになる~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の民間企業を対象として郵送アンケート調査を実施し、ERP及びCRM・SFAといった業務ソフトウェアの利用状況を明らかにし、SaaSの利用率について分析した。

※グラフ資料は添付の関連資料を参照

1.市場概況

2020年7月から12月にかけて、国内の民間企業を対象としてERP(財務・会計、人事・給与、販売管理、生産管理・SCM)とCRM・SFAの導入実態に関する郵送アンケート調査を実施し、565件の回答を得た。

今回の調査では、ERPのシステム更新予定がある企業における「次回SaaS導入予定」という回答比率が大きく上昇した。財務・会計は2018年の9.1%から2020年には18.2%と2倍増え、人事・給与は2018年の9.0%から2020年には26.0%となり約3倍近く増えた。

現在、SaaSを利用している比率は、財務・会計で3.4%、人事・給与で5.8%に留まる。しかし、SaaSの利用に対する関心は大きく高まっていることがわかった。

CRM・SFAは次回SaaS導入予定の回答率が36.7%と5分野中もっとも高いが、現在SaaSを利用している比率も32.9%に達しており、すでにSaaSの利用が一般的になっている。

2.注目トピック

■コロナ禍でのクラウド需要増が追い風

これまでも、ERPのクラウド化は着実に進展していた。こうしたなか、2014年~2018年の変化は緩やかだったものの、今回の調査で急伸した。

この背景には、新型コロナウイルスの感染拡大でオンライン化が進展し、テレワークが普及する状況で、クラウドサービスの需要が高まっている影響があると考える。ERPなどの業務ソフトウェアにおいても、withコロナ・ポストコロナのビジネス環境において利便性が高いSaaSに対するニーズが拡大している。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

グラフ資料

https://release.nikkei.co.jp/attach/603832/01_202101261219.pdf

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/603832/02_202101261219.pdf

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン