/

商船三井、コーポレートベンチャーキャピタル「MOL PLUS」の設立を決定

発表日:2021年01月21日

コーポレートベンチャーキャピタル「株式会社MOL PLUS」の設立を決定

株式会社商船三井(代表取締役社長:池田潤一郎、本社:東京都港区、以下「当社」)は、当社全額出資のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)「株式会社MOL PLUS」(代表:阪本拓也、本社:東京都港区、読み:エムオーエル・プラス、以下「MOL PLUS」)を設立することを決定しました。

「MOL PLUS」は、中長期的な視点で、海運業のビジネスモデル変革や新規事業創出を実現し得る国内外のアーリー、ミドルステージのスタートアップ企業を中心に幅広く投資を行います。中でも、海上輸送や物流事業におけるビジネスモデルを変革し得る領域、海洋事業、環境事業、フェリー・客船等の当社グループ事業の将来に中長期的に関わりのある領域への投資を想定しており、スタートアップ企業が持つ斬新なアイデアやテクノロジーと当社がもつリソースに相乗効果を生ませ、海運業と社会に新しい価値をプラスする新規事業の創出を目指します。

■「MOL PLUS」会社概要(予定)

・会社名:MOL PLUS(読み:エムオーエル・プラス)

・所在地:東京都港区虎ノ門2-1-1

・代表者:阪本 拓也

・設立時期:2021年5月

・事業内容:

 ●スタートアップ企業への投資

 ●当社グループとの協業推進

・決算期:3月

・出資枠:40億円

・株主:当社100%出資

本事業は、「MOL PLUS」の代表者となる阪本が「MOLグループ社員提案制度(註1)」を通じて発案し実現させたものです。当社は引き続き社員一丸となり、社会・経済の発展に貢献していきます。

(註1)当社社員が自らの能力を存分に発揮し、主体的にチャレンジできる場を提供すると共に、変化する事業環境の中で、既存の枠にとらわれない事業やサービスのアイデアの受け皿となることを目的とし、2019年9月より導入された制度。阪本(2012年当社入社)は、当該制度の1年目に応募・採用となり、昨年7月から本件の立ち上げに向けて専任に当たり、設立決定に至りました。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン