/

鹿島、ピクシーダストテクノロジーズと共同でデジタルツイン基盤「鹿島ミラードコンストラクション」を構築

企業:鹿島

発表日:2021年01月21日

デジタルツイン基盤「鹿島ミラードコンストラクション」を構築

鹿島スマート生産のデータ基盤として活用

鹿島(社長:押味至一)は、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、CEO:落合陽一、以下 PXDT)と共同で、鹿島スマート生産(R)で活用するデジタルツイン基盤「鹿島ミラードコンストラクション(TM)」(Kajima Mirrored Construction、以下 KMC)を構築しました。併せて、KMCを用いて施工の進捗状況を部材単位で数値化・可視化するプログラムを開発し、運用を開始しました。

KMCは、着工前に作成するBIMと施工中の建設現場に設置したセンサー・デバイスから取得する空間データを、一元管理するクラウド上のデータベースです。今般、KMCを都内のプロジェクトに導入し、レーザースキャナーやToFセンサ(※)、Webカメラによる空間データの継続取得を始めました。取得した空間データには撮影時刻(タイムスタンプ)が付与され、日々変化する建設現場を映し出すデジタルツイン・データとして、施工管理、遠隔管理、自動搬送ロボットに活用していきます。

※「Time of Flight」の頭文字で、センサからパルス投光されたレーザがセンサ内の受光素子に戻ってくるまでの時間を計測し、その時間を距離に換算する測定センサ

*以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/603549/01_202101211232.pdf

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン