/

日立ソリューションズ、「活文」のAIソリューションを強化し「自然言語処理AIによる業務効率化ソリューション」を提供開始

発表日:2020年12月16日

ビジネスデータから価値を創出し、DXを実現する「活文」のAIソリューションを強化

課題を発見するDX戦略コンサルティングや機械読解を行うAIの提供など、メニューを拡充

株式会社日立ソリューションズ(本社:東京都品川区、取締役社長:星野 達朗/以下、日立ソリューションズ)は、「活文」のAIソリューションを強化し、課題発見からビジネスデータ分析による価値創出で、DX(デジタルトランスフォーメーション)を実現する「自然言語処理AIによる業務効率化ソリューション」を、12月17日に提供開始します。

日立ソリューションズは、AI(人工知能)技術でテキストを分析し、分類する「活文 知的情報マイニング」を提供してきました。本ソリューションでは、DXのコンサルテーションで実績を有する株式会社STANDARD(本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:石井 大智、以下、スタンダード)と協業し、課題発見から自然言語処理AIの活用、投資対効果検討の支援を強化します。また、最新のAIを取りそろえるAllganize Japan株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:佐藤 康雄、以下、オルガナイズ)とも協業範囲を拡大し、従来のAIチャットボット「Alli(アリィ)」に加え、質問に対する回答が事前に用意されていなくても適切な回答をドキュメントの内容から自動抽出して提示するAI(機械読解)など、ラインアップを拡充します。同社のAIは、さまざまな用途に合わせてトレーニングされており、企業は簡単に導入することができ、運用の手間もかかりません。

日立ソリューションズは、これまで「活文 知的情報マイニング」を中核に提供してきたAIソリューションに、スタンダードやオルガナイズの技術を掛け合わせることで、企業の課題発見から最先端のAIを活用した業務変革、生産性向上を一層支援していきます。

※図は添付の関連資料を参照

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

https://release.nikkei.co.jp/attach/601895/01_202012161151.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/601895/02_202012161151.pdf

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン