/

矢野経済研究所、スポーツアパレル市場に関する調査結果を発表

発表日:2020年12月15日

スポーツアパレル市場に関する調査を実施(2020年)

2020年のスポーツアパレル市場(国内出荷額)は全カテゴリーで前年を下回る見込

~新型コロナウイルスの影響で落ち込む中、アウトドアウエアがカテゴリー別で最大に~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は国内スポーツアパレル市場を調査し、競技カテゴリー別の市場規模や、参入メーカーや流通の動向、将来展望を明らかにした。

※表資料は添付の関連資料を参照

1.市場概況

2020年のスポーツアパレル国内市場規模はメーカー出荷金額ベースで、前年比86.7%の4,868億7,000万円を見込む。新型コロナウイルスの感染拡大により、3月上旬ごろより学校部活動の活動休止、各種スポーツスクールや公共体育館の営業休止など、国民のスポーツの場やプレー機会が失われたことでスポーツウエアの需要は急速に縮小した。そのため、本来であれば各カテゴリーで大きな盛り上がりを見せる春先の新学期需要も極めて小さいものとなるなど、小売店の販売は全国的に落ち込んだ。

販売不振に陥った小売店からは、スポーツ用品メーカーに対して商品の発注キャンセルや納品の後ずらしに関する依頼・相談が続出した。事業存続の危機に瀕する小売店も増えるなか、将来的な販売先の減少を懸念したメーカーもそうした依頼に応じたため、出荷金額が前年を大きく下回る見込みである。このように、コロナ禍による需要減退が大きく影響し、スポーツアパレルの国内出荷金額は対象とする全カテゴリーで前年割れと、極めて厳しい結果が見込まれる。

2.注目トピック

・2020年はアウトドアウエアの出荷金額が最大となる見込

2020年は、トップの座を維持してきたトレーニングウエアに代わり、アウトドアウエアの出荷金額がカテゴリー別で最大となる見込みである。

アウトドアウエアは、近年、普段着として着用するライフスタイル需要の拡大により、高成長が続いてきた。登山やトレッキングなど、アウトドア環境で求められる高い機能性を有したウエアは都市生活向けに使用しても快適で、スポーツ量販店やファッションセレクトショップなどでの展開が強化されている。特に認知度が高い「ザ・ノース・フェイス(TNF)」や「パタゴニア」といった有力ブランドは、カジュアルファッションシーンでの人気も高く、ブランドを代表するアイコニックな定番のアパレルは品薄状態が続く。こうしたブランドのアイテムはアウトドア専門店やスポーツ量販店だけでなく、カジュアルセレクトショップにも広がりを見せており、消費者との接点の増加がさらにブランド認知を高めるという好循環が生まれてきた。

こうした背景から拡大を続けてきたアウトドアウエアであるが、他カテゴリーと同様、2020年は新型コロナウイルスの影響を避けられず、マイナス成長の見込みである。ただ、それでもアウトドアブランドに対する関心は依然として高い。また、コロナ禍において「3密」を避けようと都心を離れてキャンプに出掛ける消費者の需要にも支えられた。各種スポーツシーンの場が失われて需要縮小が著しいトレーニングウエアと比較すると、アウドドアウエアは前年からの落ち込み幅を抑えられ、カテゴリー別で最大の出荷規模となる見込みである。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

表資料

https://release.nikkei.co.jp/attach/601808/01_202012151220.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/601808/02_202012151220.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン