/

兼松と兼松食品、植物肉スタートアップ企業 DAIZとの資本業務提携に合意

企業:兼松

発表日:2020年12月10日

植物肉スタートアップ企業 DAIZ株式会社との資本業務提携に関するお知らせ

~ 世界的なタンパク質危機の解決に向けた取り組みを推進します ~

兼松株式会社及び兼松食品株式会社(以下、兼松グループ)は、植物肉スタートアップ企業であるDAIZ株式会社(以下、DAIZ社)が実施する第三者割当増資の一部引受を行い、同社との資本業務提携に合意しましたので、お知らせいたします。

1.資本業務提携の目的

国連推計では2050年までに地球上の人口は約100億人に達するとの報告がなされており、2030年にはタンパク質の需要に供給が追い付かなくなる「タンパク質危機」の時代が到来すると予測されております。

この「タンパク質危機」問題に対し、植物肉のスタートアップ企業であるDAIZ社と食肉業界のリーディングカンパニーである兼松グループが協業し、「次世代のお肉」として植物肉(ミラクルミート)の販売を推進することで、安定的かつ高品質な植物性タンパク質を市場に供給いたします。

2.DAIZ社・ミラクルミートについて

DAIZ社は、日本・米国・欧州において特許を取得した複数の特殊製法を用い、食肉の持つ風味豊かな「味・香り・食感」を豆類で再現する次世代フードテック企業です。その技術は「大豆」のみならず、各種豆類の持つポテンシャルを最大限に引き出し、各畜種を再現します。

「落合式ハイプレッシャー法」で開発された「ミラクルミート」は、日本発のスーパーフードとして、また日本が世界に誇る最新フードテックとして、様々なカテゴリーの商品への技術応用が期待されております。

<植物肉(ミラクルミート)の特徴>

※添付の関連資料を参照

【特徴(1)】原料に丸大豆を使用

これまでの植物肉は、大豆搾油後の残渣物である脱脂加工大豆を主原料としていましたが、DAIZ社の植物肉「ミラクルミート」は原料に丸大豆を使用しています。さらに、オレイン酸リッチ大豆を使用することで、大豆特有の臭みを無くし、異風味を低減しています。

【特徴(2)】旨味や栄養価を増大、肉の食感を再現する独自技術

味や機能性を自在にコントロールするコア技術「落合式ハイプレッシャー法」で大豆を発芽させ、旨味や栄養価を増大させます。その発芽大豆をエクストルーダー(押出成形機)にかけ、膨化成形技術により、肉のような弾力と食感を再現しています。これらの独自技術により、異風味を低減した植物肉「ミラクルミート」を製造しています。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

<植物肉(ミラクルミート)の特徴>

https://release.nikkei.co.jp/attach/601606/01_202012101738.JPG

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/601606/02_202012101738.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン