プレスリリース

企業名|産業
シャープ電機

シャープ子会社、アマゾンの消費財自動再注文クラウドサービス参画事業者向けに開発支援サービスを提供開始

2020/12/10 14:15
保存
共有
印刷
その他

発表日:2020年12月10日

IoTデバイスで日用消費財の消費量を計測することで、購入時期を予測し自動再注文を実現

IoT-EC連携サービス「Amazon Dash Replenishment」(※)参画事業者向けの開発支援サービスを開始

*参考画像は添付の関連資料を参照

株式会社AIoTクラウドは、Amazonが提供する消費財を自動再注文するクラウドサービス「Amazon Dash Replenishment(以下、Dash Replenishment)」への参画を検討している事業者に対し、各種開発支援サービスの提供を開始します。

「Dash Replenishment」は、重量センサーなどのIoTデバイスから取得した日用消費財の消費量データを基に購入時期を予測し、自動再注文を実現する一般消費者向けのサービスです。当社は、「Dash Replenishment」への参画を検討する事業者に対し、自動再注文システムの実現に必要となる制御クラウド、スマートフォンアプリ、管理コンソールなどの開発をトータルで支援します。

また、日用消費財メーカー向けには、IoTデバイスメーカーと連携した専用のソフトウェア開発(日用消費財のIoT化)、機器メーカー向けには、通信モジュールの提供や機器への組込み開発といったIoT機器開発からEC連携サービスの開発まで、さまざまな要望に対応します。

当社は、IoT機器開発やAIデータ分析、プラットフォーム間連携ソリューション開発などの知見をより多くの事業者に提供することで、スマートライフ実現に向けた取組みを推進してまいります。

■概要

1.「Dash Replenishment」参画事業者向けに開発支援サービスの提供を開始

2.自動再注文システムの実現に必要なクラウド、アプリ、管理コンソールをトータルでサポート

3.日用消費財メーカーに対するIoTデバイスの新規開発支援や、機器メーカーに対する既存機器のIoT化を実現する開発支援も可能

※ Amazonが提供する消費財を自動再注文するクラウドサービス「Amazon Dash Replenishment」の詳細は下記をご覧ください。 https://developer.amazon.com/ja-JP/alexa/dash-services

●「AIoT」は、AI(人工知能)とIoT(モノのインターネット)を組み合わせ、あらゆるものをクラウドの人工知能とつなぎ、人に寄り添う存在に変えていくビジョンです。「AIoT」はシャープ株式会社の登録商標です。

*以下は添付リリースを参照

(注)ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/601558/01_202012101228.jpg

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/601558/02_202012101228.pdf

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]