/

大日本印刷、AIを活用して絵本から音が飛び出してくる「魔法のような虫めがね(仮称)」のデモ機を開発

発表日:2020年12月02日

AIを活用して絵本から音が飛び出してくる「魔法のような虫めがね」のデモ機を開発

子どもの興味・関心を育む新しい読書体験

大日本印刷株式会社(DNP)は、AI(人工知能)を活用して、子どもたちに知ることの楽しさを伝えて、興味・関心を育む「魔法のような虫めがね(仮称)」のデモ機を開発しました。子どもが新しいものを知る体験や家族のコミュニケーションを深める読書体験の提供に向け、2020年12月より実証実験を開始します。

※参考画像は添付の関連資料を参照

【「魔法のような虫めがね」の特長】

○「魔法のような虫めがね」は、専用の「虫めがね」をかざした文字や絵、写真やイラストなどをAIが認識し、その内容について、音声や音楽で教えてくれる「魔法のような」情報機器です。

・虫めがねで絵本を覗くと、朗読が始まる。

・虫めがねで絵本を覗くと、ストーリーや場面に合った音楽が流れる。

・虫めがねで図鑑を覗くと、認識したモノに対するサウンドや説明が再生される。

○市販の絵本や図鑑などをそのまま利用することが可能です。見たいものを「魔法のような虫めがね」を通して見ることで、絵本であれば音声やBGM、図鑑であれば動物などの鳴き声がスピーカーから聞こえてきます。

・デモ用の虫めがねのサイズは、直径82mm、持ち手の長さ51mm、重さ121g

・絵本や図鑑などの全ての判型に対応可能です。

*実証実験の反応などを踏まえて、本番機のサイズを最適化していく予定です。

○自分の操作に合わせて音が飛び出してくるような感覚になるため、子どもたちを本に引き付ける効果があり、楽しみながらできる「新しい読書体験」を提供します。子供たちの知る楽しさを最大限に引き出し、興味・関心を育んでいくことにもつながります。

○AI技術としてGoogle Cloudを活用しており、日本語のほか、このプラットフォームが対応している英語・中国語・イタリア語などの多くの言語への対応を予定しています。

■AIを活用して絵本から音が飛び出してくる「魔法のような虫めがね」のデモ機を開発

https://youtu.be/QtDcoeJNLuo

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

参考画像

https://release.nikkei.co.jp/attach/601080/01_202012021229.png

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/601080/02_202012021229.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

産業で絞り込む
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス
  • すべて
  • 情報・通信
  • メディア
  • 電機
  • 金融・保険
  • 自動車
  • 輸送・レジャー
  • 食品
  • 流通・外食
  • 日用品
  • 医薬・医療
  • 建設・不動産
  • 機械
  • 素材・エネルギー
  • 商社・サービス

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン